MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事が遅い方、過剰品質になっていませんか? スピード重視で生産性の高い仕事をしよう!

f:id:c-sakuranbou:20170318115634j:plain

仕事が遅い人、物の事を進めるのが遅い人っていますよね。

なぜ遅いのでしょう。

仕事の進め方に大きな問題があると思うんですよ。

 

一つひとつを完璧に仕上げてから、次に進んでいませんか?

例えば企画書なり、

プレゼンの資料を作るなりといったとき、

一つの章を完璧に仕上げてから、

次に進もうとしてしまうと、

あーでもない、こーでもない、

と考えてしまうことが多く、

時間がかかってしまいます。


まずは全体をパーっと作りあげてしまいましょう。

それからチェックして、

修正した方が早く作れますし、

クオリティも高くなります。

 

本当にそこまでの質を求められているのか?

どうせ作るならいいものを作りたい!

とは誰もが思うものです。

ところが仕事を依頼した方(お客様や上司)は、

そこまで高い品質のものを求めていなかったりもします。


例えば、上司から打ち合わせの資料を

作って欲しいと言われ作り始めたとします。

それで丸2日、3日かけて20ページ、

30ページの資料を作りました。


が、上司はそこまでのものを求めておらず、

要点をまとめたもの1ページで十分だった、

なんてことも多々あったりするんですよね。


えっ、これ3日かけて作ったの?

要点をまとめるだけで良かったのに・・・

こんなに作っても誰も読まないよ。

となってしまったり。


数十ページは無駄になるんですよ。

その資料は「自己満」で終わってしまうんです。

そしてそれは明らかに過剰品質なんです。


労働時間を投入したわりには、

成果が出てないわけですから、

生産性が非常に低い仕事をしたことになります。

 

資料を作り出す前に、

上司(顧客)に事前にしっかりと

ヒアリング(リサーチ)しておけば無駄は避けられます。


会社員なら、こういう「無駄」な働き方をしても、

お給料が出ますからデメリットは少ないでしょうが、

フリーランスだったら投入した時間のわりには、

成果が出ない働き方をしたら、

収入に影響します。

 

まとめ

最初から完璧なものを作ろう思わない!

ことで仕事は早く進みます。

徐々にバージョンアップさせていけばいいんですよ。

入れ込みすぎは「無駄」の元です。


それと事前にヒアリングなり、

リサーチをしておくことも重要だと思います。

それがスピード感のある「生産性」の

高い仕事をすることにつながると思います。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事