うしろの百太郎は怖かった!


スポンサードリンク

   

応援よろしくお願い致します♪

人気ブログランキングへ

 

子供の頃は、オカルトに興味がありました。

小学生頃から中3にかけて、

学研のオカルト雑誌「ムー」を愛読しておりました。

ちょっとませた小学生ですかね?

ムーは、今でもそうですが、

その当時もトンデモ話系の記事が満載でしたね~。

当時はそのトンデモ話がおもしろくて仕方がなかったですね。

また、これはムーの黒歴史になるのですが、

その後、大事件を起こす某カルト教団の記事や

広告も載ってました。

まだ宗教団体になる前、

○○○○仙の会と名乗っていた頃だったと思います。

その会のトップが瞑想しながら、

空中浮遊している写真なんかも、

載っていたと記憶しております。

当時好きだったのが、ファティマの聖母マリアの預言ですね。

その記事を一番熱心に読んでました。

ヨハネの黙示録といった聖書に関する預言、

そしてノストラダムスの予言が好きでしたね~。

出口王仁三郎、竹内文書などの特集記事もよく載ってましたが、

チンプンカンプンでわかりませんでした。


陰謀論の記事もよく載ってました。

ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガンetcなどの

巨大財閥が世界を牛耳っているなんてことが書いてあって、

いずれ国民総背番号制になり、

人には666の獣の刻印が押され、

自由を奪われ、

コンピュータで全て管理される社会が来る!

なんて内容だったと記憶しております。

その記事を読んでから30年以上経過しておりますが、

今のところ、そんな世界にはなっておりません。

それとも気がついてないだけで、

そんな世界が到来しているとか?


ムーには、読者の交流ページってがあって、

そこでよく話題になっていたのが、

「光の戦士」という方々。

今風な表現を使うとライトワーカーとでも言いましょうか。

何かの漫画の影響なんですかね。

読者のページに、キーワードとなる言葉を投稿し、

「この言葉に聞き覚えのある方、

何かを感じる方は連絡をください」

なんていう記事があって、

子ども心に「うわ、何だか危ない人たちがいる」と

ひいてました(^-^;

ムーの他にもトワイライトゾーンなんていう

オカルト雑誌もあり、それも読んでました。

f:id:c-sakuranbou:20140810123050j:plain


怖い漫画も大好きで、つのだじろう先生の

「うしろの百太郎」や「恐怖新聞」も読んでましたね~。

本棚に置くのにも怖いぐらいの表紙なんですよ!

だったら買うなよと思うでしょうけども(笑)。

うおおお~怖いぞ!と思いながら読んでました。

つのだじろう先生のオカルト漫画、

トラウマになっている人もいるだろうな~。

絵がめっちゃ不気味なんですよね(笑)

その後、藤子不二雄A先生のまんが道で、

つのだじろう先生は、

最初からオカルト漫画を書いていたわけではなく、

子ども向けの漫画を書いていたことを知り、

驚いたのであります。

f:id:c-sakuranbou:20140810123503j:plain

そうそう、僕が小学生から中学生にかけてでしょうか、

その頃、孔雀王が人気だったので、

これももよく読んでましたね。

この漫画、今でも設定を変えて続いているんですよね。

息が長いですね~。

f:id:c-sakuranbou:20140810123751j:plain

あと、飛鳥昭雄さんの漫画も好きで、

子どのもころはあの人の説を本気で信じてました(笑)


中3ぐらいになると、そうした雑誌や漫画を読むのを

ピッタリやめてしまいました。

急に興味が薄らいだんですね。

そんな本を読むより、

ファミコンやってる方が楽しくなり、

勉強が忙しくなりましたので。


それから20数年がたち、

30代も半ばになったところで、

また不思議な世界に興味を持つわけですが、

あれだけ興味があったオカルトには興味が無くなりました。

子どもの頃ここに上げた意外にも、

いろんな本を読みましたので、

もうお腹いっぱいなんです(笑)

ファンタジーとして読む分には好きですけどね!

とまあ、こんな感じのオカルト歴です。

で、ここまで読んで気がついた方もいるかと思いますが、

僕は漫画オタクなのでございます(笑)

 

いつも応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

関連記事