40代からの人生逆転日記

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

クラゲのように身をゆだねて生きてみよう


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20140912005404j:plain

昨日、凄く嬉しくなる内容の応援メールを頂きました。

ありがとうございます♪

その方がメールの中で、自分は手放すのが苦手かも、

とおっしゃっていました。

同じように思われている方も

いるんじゃないのかなと思います。

てことで、ちょっと表現を変えて、

説明してみますね。


「手放す」ことが苦手な方、どこか抵抗感がある方は、

「ゆだねて」みてはどうでしょうか。

人生の流れを信頼し、

水に浮かぶように、

リラックスしてみてはいかがでしょう。
※ちなみに僕はかなづちです。

だからといって、働かず引きこもっていろ!

というわけじゃないですよ(笑)

やるべきことはやりましょう。

生活費は稼ぎましょう。

じゃあ「ゆだねる」とはどういうことか?

というと、

出来事に善悪や優劣をつけない、
(抵抗をしない)

自分がやることにも善悪や優劣をつけない、

ということです。

善悪や優劣をつけるということは、

人を裁き、自分を裁いているわけですよね。

これらが強烈なストレスを生み、

自分を苦しめます。

ああ~こういうことが起こったんだ、

そっかそれでOK!

ああ~失敗したな、それでもOK!

何でもOK!

と思えばいんです。
※だからと言って、身の危険を感じるようなことが起こった場合でも、「起こることにゆだねろ!」と言ってるわけではありませんよ。逃げましょう!「逃げてもOK!」なんですから。

「その場」の結果だけを持って、

人や出来事を裁かない、判断しないことです。

人生では、あなたに必要なことしか起こりません。

その人生の流れを信頼し、

流れ逆らわず浮かんでみましょう。

これが、サレンダー(降参)でもあります。

浄土真宗でいう他力本願です。

仏の導きによる人生の流れの信頼、

仏に対する絶対的な帰依です。

阿弥陀如来(人生の大いなる流れ)を信頼しましょう、

ということになります。


こういうことを思うときに、

僕がいつもイメージするのはクラゲなんですよね。

クラゲって、波に逆らわず、海に浮かんでいるじゃないですか。

たまに泳ぐぐらいで、

基本的に海(大いなる存在)

自分をゆだねまくってますよね。

あんな感じが理想だな~と思います。

もし、ゆだねることができなくても、

自分を責めないでくださいね。

ああ~何でできないんだ、

バカバカバカ、俺のバカ、私のバカ

と思わないでください。

うまくやろうとしないでください。

うまくやろうとしないことが、

うまくやる大事なコツです。

それでも納得がいかず、ああ~ダメだ!

と思ったら、自分を許してあげてください。

どんな自分も許してあげてください。

それが第2のコツです。

f:id:c-sakuranbou:20140912005504j:plain

てことで、うまくやろうとせず、

頑張らず、リラックスして

人生の流れに身をゆだねましょ~♪

 

↓↓↓こちらも身をゆだねてポチっと♪

人気ブログランキングへ

関連記事