実は夢オチなんです・・・


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20140919000602j:plain

ちょっとだけ昨日の続きになりますけども、

クソゲーの熱心なプレイヤーさんに、

何だかんだ、あーだこーだと言われて

カチンときたら、

このゲーム、たけしの挑戦状よりもクソゲーだぞ!
※ファミコン世代ならわかる伝説のクソゲー。

f:id:c-sakuranbou:20140918235327j:plain

こんなクソゲーを楽しんでいる

お前のセンス疑うわ!

と心の中で思いましょう(´∀`)

ホント、クソゲーだった・・・。

あとスぺランカーとかカラテカとか・・・。

 

さて、小説、ドラマ、映画、漫画などの

物語の最後の場面で、

「実はこれは全部夢でした~!」

という結末を「夢オチ」と言います。

この夢オチ、

そんなことを言ったら何でもありだし、

終わらせ方としては安直するぎる!

ということで、読者や視聴者にはあまり歓迎されません。

僕はけっこう好きですけどね。

 

夢オチで有名な映画といえば、

レオナルド・ディカプリオ主演の

「インセプション」でしょうか。

これは相手の夢の中に入って、

情報を盗み出すという物語なので、

もともと夢が中心の話なのですが。

よくまあ、こんなややこしい映画を作れたなと思います。

何かで読みましたけど、出演している俳優陣は、

撮影時何を撮っているのか、

よくわからなかったとか。

この映画、けっこうおもしろいですよ!

オススメです。


映画『インセプション』予告編 - YouTube


動画に出てきますが、「どうせ夢ならハデにやろう」

というセリフ、いいですね~♪

 

僕らの世界もインセプションと同じなんですよね。

僕らは夢の世界の住人です。

僕らがリアルだと思っている物、

出来事、全部が夢、夢、夢・・・。

実は「夢オチ」なんですよ。

ああ~ばらしちゃった。

まあ、いろんな人が言ってるから、

知っている人も多いと思いますが(^-^)

てことで・・・

どうせ夢ならハデにやりましょう!

夢を楽しみましょう!

 

↓↓↓よろしければポチッと押して応援を♪

人気ブログランキングへ

関連記事