MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

目指せ!幸せ探しの名人♪


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141023225456j:plain

誰でも1度や2度、悩み事の相談を

受けたことがあるかと思います。

で、話を聞いて、自分なりのアドバイスをすると、

「でもね、それだとダメなんだ」

とか、

「その方法は前にもやって」

とか、

「うーん私には無理そう」

とか、

全く人のアドバイスを聞き入れない、

全く前向きに検討しない人に、

遭遇したことありませんか?

~~~~~~~~~~~~

こういう人って、解決したいと思って

相談しているわけじゃないんですよね。

共感して欲しいし、同情して欲しいんです。

そうして承認欲求を満たし、

自分は特別に不幸な人間という、

特別意識も満たしたいんですね。

このような傾向って、

男よりも女性の方が圧倒的に

多い気がします。

~~~~~~~~~~~~

女性は話すことでストレスを発散できる

と言われています。

だから問題を解決したいわけじゃない、

聞いてもらいたいだけ、

といったご意見があるかと思います。

確かにそういった側面はあるでしょう。

ただね、本当の意味で、

発散はできてないですよね。

手放していない。

一時的なガス抜きにしかなってないですよね。

言葉にすることで、

嫌な出来事、嫌いな人のことを

あ~本当に嫌だった、嫌いな人だと

再認識するんですよ。

そうして意識に深く刻み込まれるから、

ますます嫌になるんです。

結果的に悪循環なんですね。

ただ、一時期的なガス抜きを

全面的には否定はしないので、

ほどほどにどうぞとは思います。

~~~~~~~~~~~~

奥さんの愚痴を黙って聞いてあげる旦那さんは、

偉いなーと思いますよ。

僕だったらぐったりしてしまいますね。

そのエゴの強さにぐったりするし、

奥さんにエネルギーを奪われますね~。

僕、体力ないもんで。

~~~~~~~~~~~~

また、問題を解決したくない人は、

自分の不幸を見つけるのが得意なんです。

不幸探しの名人と言ってもいいぐらいです。

自分が不幸である理由をいくらでも見つけてきます。

さらには、不幸をである理由を自分で作ります。

不幸でいたいんですね。

不幸中毒を起こし、不幸が大好き!

不幸最高!と思っているんですよ。

~~~~~~~~~~~~

どうせだったら、

「幸せ探しの名人」になりませんか。

そんな簡単に幸せなんて見つからない!

と思っている人は、

「幸せ」のハードルが高いんです。

「幸せ」を高い山にしか咲かない特別な花だと

思っているんですよ。

幸せのハードルを限りなく下げましょう。

もっと身近な花に目を向けましょう。

身近な花に美しさを感じられるようになりましょう。

~~~~~~~~~~~~

日々の生活の中で、

道に咲く花に、

あなたのうちの庭に、

いつの間にか咲いていた小さな花に、

目を向けてみてください。

意識を向けてみてください。

それがあなたにとって、

一番大切な「幸せ」です。

 

↓↓↓よろしければポチッと押して応援を♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

関連記事