読書の秋に・・・オススメ本「ニュー・アース」


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141102140919j:plain

エックハルト・トールが書いた

「ニュー・アース」ですが、

最初読んだときは、何が書いてあるか、

まるでわかりませんでした。

日本語で書いてあるのに、

内容が全然頭に入ってこなかったんですね。

読むのが苦痛で、読み終えるまで、

けっこうな日数がかかりました。

1ヶ月以上はかかったかも。

なぜ、この本が高く評価されるのか、

まったくわかりませんでした。

難しいことが書いてあるから、

頭のいいふりをしたい人が、

おもしろかったと言ってるだだろ、

と思っていました。

~~~~~~~~~~~~

それから半年以上たってからだったと思いますが、

読み直してみました。

すると、前回よりもフムフムと、

納得できる箇所が多く、

内容が頭の中に入ってきます。

それから少しおいて、

また読み直しました。

これで3回目です。

すると、前回よりもさらに読みやすく感じました。

様々な経験をするうちに、

自分の理解度が深まったのだと思います。

~~~~~~~~~~~~

3回読んで、ようやくこの本が

支持される理由がわかりました。

遅いって(笑)

意識に関する話がほとんどです。

表紙にあるように、

意識が変わることで、

「世界」が変わるというのは、

まさに真実で、

その詳細がこの本には書いてあります。

~~~~~~~~~~~~

エックハルト・トールのもう1つの著書、

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

は、意訳されているからでしょうか、

これは最初から読みやすく、

とっつきやすい本でした。

エックハルト・トールの本を

まだ読んだことがない方は、

こちらから読むことをオススメします。

それからニュー・アースに

手にしたほうがいいと思います。

読書の秋のオススメ本レビューでした~☆

 

↓↓↓よろしければポチッと押して応援を♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

関連記事