MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

心が弱いことは最高の能力であり長所です♪


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170902211254p:plain

世の中、精神的な強さを求められる

傾向があるじゃないですか。

たとえば、困難に直面したとき、

強い意志を持って乗り越えよう!

とか、

気持ちを強く持って!

などど言いますよね。

 

僕は、こうした言葉を聞くといつも思うんですよね。

そんなに強いことが正しいのかと。

そんなにいい事なのかと。

そしてね、こう思うんですよ。

「弱くてもいいじゃないか」と。

 

「強い意志、強い気持ち」と

言われると、物凄くタフでマッチョな心で

あることが理想と思ってしまいますよね。

 

そうですね~ビジュアル的にイメージすれば、

ボディビルダーみたいな体とでもいいますか(笑)

パンチ、キックの強い打撃(困難)をはね返すような、

強靭な肉体(精神力)がイメージされると思うんですよ。

「強い」という言葉には、

そんな印象を与える力があると思います。

 

なかにはね、そういうタフな精神力の人もいます。

でもね、そんな体育会系のマッチョみたいな

精神力の人ばかりじゃないですよね。

 

強い意志を持って乗り越えよう!

強い気持ちを持って!などと言われると、

「到底自分には無理だ。とても乗り越える力も、

はね返す力もない・・・」

と思って自分にダメ出しをして、

落ち込んでしまう人っていると思うんです。

 

「強い」という言葉のワンマン性と暴力性に、

その人の心がやられちゃうんですよね。

 

僕らは、幼い頃から、

強い心だけが正しい、素晴らしい、

とずっと刷り込まれています。

 

もう、それしかないと

思い込まされているんですね。

排他的な考え方ですよね~。

 

僕は「人は心が弱くてもいい」と思っています。

強くてもいいでしょうけど、

弱くてもいいですよ。

 

何も悪いことじゃないです。

もちろんダメなことでもありません。

いいじゃないですか、弱くて。

全然OKです!

 

強さだけが求められる、

世の中の風潮なんか気にせず、

自分の弱さを受け入れるんです。

自分は弱い人間だ、

弱くていいんだと認めるんです。

 

受け入れて、自分の弱さを知ることで、

柔軟に対応していけばいいんですよ。

これは私には出来るけど、

あれは出来ないから無理をしない。

 

そこで、出来ない自分にダメ出しをする必要なんて

全くないんですね。

 

心が強い人というのは、

見方を変えれば鈍感とも言えます。

心が弱い人は敏感(繊細)とも言えます。

 

敏感さというのは生きていく上で大事ですよ~。

歴史を紐解けば、敏感な人達が、

生き残ってきたわけですし。

 

動物の世界でも敏感な物たちが、

生き残り進化してきました。

自分のことをよく知っていたからです。

 

弱いというのは、

生き残るための最高の能力です。

その弱さを使いこなすためには、

「弱さ」を受け入れることが必要です。

 

だからね、心が弱くてもいいんです。

それを受け入れましょう。

私は弱い人間だ―!

と宣言しましょう。

 

認めましょう。

そうして、柔軟に生きていきましょう。

心が弱いことは、

あなたにとって最高の長所です♪

 

よろしければこちらの記事もご覧ください。

c-sakuranbou.hatenablog.com