ただ機能と役割が違うだけです!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141118005825j:plain

たとえばの話です。

体の各器官に「思考」があるとします。

あなたが「手」だとします。

「手」であるあなたは、「脚」をうらやんでいます。

「脚」はいいな、早く走ることができて。

大地を踏みしめることができて。

またあなたは、「鼻」をうらやんでいます。

「鼻」はいいな、いろんな匂いを嗅ぐことができて。

僕は匂いがわからないし・・・。

~~~~~~~~~~~~

「脚」はこう思っています。

「手」はいいな、いろんな物を器用に掴むことができて。

それに、何か物を作りだすのは「手」の仕事だし。

「鼻」はいいな、顔に乗っかっているだけだもん。

楽じゃないか。

俺なんか重労働だし・・・。

~~~~~~~~~~~~

「鼻」はこう思っています。

「手」はいいな、いろんな物や人に触れることができて。

作り出せて。

「脚」はいいな、大地に触れることができて。

「脚」のおかげで、いろんな所に行けるし。

私なんて匂いを嗅ぐだけで、

他には何もできない・・・。

だいたい匂いを嗅ぐって、

たいして重要なことじゃないだろ。

~~~~~~~~~~~~

「手」も「脚」も「鼻」も他をうらやんでばかりいて、

自分を見ていません。

自分の特性に気がついていません。

自分の役割に気がついてもいません。

自分を過小評価しています。

特性が違い、役割が違うだけで、

それぞれが、どれも大切な存在で、

どれもが必要な存在です。

それぞれが機能して、

人は生きています。

人は成り立っています。

そして、この「人」は、

世界と言いかえることができます。

~~~~~~~~~~~~

私たちもそうですよね。

自分だけの機能、自分の特性に目を向けず、

他人をうらやんでばかりいます。

でもね、あなただけの素晴らしい機能、

特性って必ずあるんですよ。

役割が違うだけで、

それぞれが素晴らしい存在なんですよ。

人にばかり目を向けず、自分に注目してください。

自分にOKを出してみてください。

すると、自分の素晴らしいところが見えてきます。

そんな素晴らしいあなたがいるから、

世界が成り立っているんです。

大げさな表現じゃないですよ。

本当にそうですからね!

もっともっと自分を誉めて、

自分にOKを出して、

自分の素晴らしい所に気がついてください!

 

↓↓↓よろしければポチッと押して応援を♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

関連記事