おかしなことは「おかしい!」とはっきり言おう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141201082544j:plain

僕はブログで、スピリチュアルに関する

僕なりの考え方をはっきりと書いています。

なので、けっこうきつい書き方をする人だな、

と思う方もいるのではないでしょうか。

ネット上だけでなく、リアルな場でもそうで、

ことスピに関してはブログ以上にはっきりとした考えを

友人知人に言ったりします。

そうすると、反論意見も当然出てくるわけで。

反論にしても傾聴に値するものもあれば、

もう聞くのさえ嫌なのもありまして。

それってのは、同じパターンの意見でして。

それがどういうのかというと、

「そういう意見もわかるけど、それだけじゃなくって、

こっちにもいい点はあるから一概には言えないんだよ」

とか、

「どっちも正解なんだよ。

本当は何でもOKの世界なんだから」

という非常に曖昧でどっちつかずな意見?を聞くと、

僕はもう心からうんざりしてしまうのです。

ほんとスピの世界は、こうした意見が多い。

~~~~~~~~~~~~

中立な立場を取ることで、大人ぶっているのか、

良識人を気取っているのか、

そうやって曖昧な形にして、

わかったようなことを言う人っているけど、

結局はなーんにも考えてないのです。

何もわかっちゃいないんです。

そうやって意見を言わないことが大人だ!

とか、

スピリチュアル的に成熟した人間!

と思っているからでしょうかね。

~~~~~~~~~~~~

スピの世界は、そういう気取った人の

受けがいいんですよね。

スピの世界って、批判する人って少ないでしょ。

被害の声をあげる人も少ないでしょ。

大人ぶりたい人、良識人を気取りたい人、

わかったふりをしたい人が多いんでしょうね。

おかしなことはおかしいでしょ、どう考えても。

特にスピの世界なんて、

ほとんどがおかしなことばかりですよ。

批判する人、被害の声を上げる人が少ないから、

後から入ってくる人の被害が絶たないんですよ。

~~~~~~~~~~~~

この世は何でもOKの世界だと言ったって、

それは究極的な意味ですよ。

この世は何でもOK、何でもありの世界だ!

なんてのは死んでから言えばいいことで、

生きてる間はおかしいなことには対処しなきゃ。

また「何でもOK」というのも、

思考による制限、可能性の制限を

解除するための一つの考え方を言ってるわけで、

それはごちゃまぜにして、

「何でもしていい」わけではありません。

それは拡大解釈というものです。

~~~~~~~~~~~~

自分の意見を言わないこと、

中立を気取ることが大人ではありません。

スピリチュアルな人でもないと僕は思います。

おかしなことはおかしい!

とはっきり言うのが大人だと僕は思います。

てことで、これからも、書きたいことは

ガンガン書いていこうと思っております。 

 

↓↓↓よろしければポチッと押して応援を♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

関連記事