MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

今日もまた悟りビジネスに物申す!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141216005615j:plain

僕はね、不思議でならないんですよ。

この日本に覚者と呼ばれる人は何人もいますけど、

なぜ、講演会だの、悟りの個人セッションだの、

悟りのワークだのと、

派手に悟りビジネスを始めてしまうのか?

 

それがね、不思議でならないんですよね。

「本当にわかった人」なら、

スピリチュアルとビジネスは相性が悪い、

ベクトルが違うと気がつくはずですけどね。

 

差取りって、他人がどうにかするものではない!

ということを一番知っているはずですけどね。

なぜ、悟りでビジネスをしようと思ったのでしょうね?

 

覚者さーん、良かったら教えてください!

悟りビジネスが忙しくてそれどころじゃないかな?

 

覚者の方々は、

「手放せ! 手放せ!」とよくおっしゃいますけど、

あなたが一番手放せてないのでは?

とツッコミを入れたくなりますよ。

 

お金や名誉に執着していませんか?

悟りに執着していませんか?

 

そりゃ、いまのスピリチュアルの世界、

覚醒ブームのこの時代、

覚者でございます!

と言えば、人は寄ってきますからね。

 

何かしら意識が変わる経験をしたとしても、

元に戻ってしまうんです。

なまじ「経験」があるから、余計たちが悪くなる。

いえーい、俺は悟ったぜー!

わかっちゃったぜー!

すげーだろ!

みんなに教えてあげよーっと!

と、禅でいう魔境に入ってしまう。

 

おそらく魔境って、通過儀礼みたいなもので、

意識の変容を経験をした人は、

誰もが通る道なのかもしれません。

断定はできませんけどね。

 

覚者でございます!

なんて言って悟りビジネスをしている人は、

そんなもんですよ。

 

まあ、偉そうに批判している僕だって、

全くたいしたモンじゃないです。

だからね、「覚者さんすごーい!」

「さすが~!」なんて、

ありがたがる必要は一切ないですよ。

一切ありません!

 

ありがたがった段階で、差が出来ますからね。

なーんだ、覚者と言ったって、

ふつーのおっさんじゃん、おばさんじゃん!

と思えばいいんです。

差取っている人と、差取ってない人の差はないんだから、

それでいいんです。

 

差取りなんて追い求めるのやめましょうね。

差取りに気がついても、

それをビジネスに結びつけるのはやめましょうね。

気がついたときは何もしない方がいいですよ。

日常を大切にし、静かに過ごす方がいいです。