パラノイアをご存知ですか?


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20141227181723p:plain

パラノイアという言葉をご存知でしょうか?

パラノイアとは、偏執病(へんしゅうびょう)、

偏執症ともいいます。

妄想性、自己愛性、半社会性、境界性といった何らかの

パーソナリティー障害がある人のことです。

自分は特別な人間だ、超人なんだ!

と信じ込んだり、

隣人に妬まれている、攻撃されている、

盗聴されているといった被害妄想を抱く人のことを言います。

パラノイアは、誇大妄想、被害妄想、激しい攻撃性、

自己中心的な性格だったりします。

それでいて、社会性がある場合が多く、

常人と変わらない社会生活を送っています。

とはいっても程度の問題で、

社会的な事件を起こす人の多くは、

重症のパーソナリティー障害である可能性が高いと言われています。

~~~~~~~~~~~~

あまりに突飛なことを言ったり、

行動にでたりするので、ときとして魅力的な人にも見えます。

が、エゴが肥大しすぎている究極の自己中ですから、

付き合っていくうちに被害を被ることになります。

パラノイアは、相手を思いやることなどありません。

自分の行動が人に迷惑をかけているなどとは、

微塵も思いません。

常に自分は正しく、相手が間違っていると思います。

エゴを満足させるために、常に「特別」を演じ続けます。

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルの世界には、こうした人たちが巣食っています。

パラノイアにとってスピリチュアルな世界は、

居心地がいいことでしょう。

自分の妄想を信じ、賞賛してくれる人が多数なのですから。

それだけでなくビジネスとしても成り立つのですから。

これほど居心地のいい世界はありません。

彼らから、被害を受けないためにはどうすればいいか。

それは関わらないのが一番です。

スピリチュアルに関わらないのが一番の対応策です。

応援よろしくお願い致します♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事