40代からの人生逆転日記

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

あるマントラ瞑想について


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150110200509j:plain

以前、ある瞑想を熱心にやっていました。

マントラを使ってやる瞑想です。

マントラとは霊力があると言われる短い言葉です。

スピリチュアルの世界で、

有名なある方がおすすめしている瞑想です。

4年半、みっちりやりましたよ。

マントラを瞑想の先生に伝授してもらうわけなんですけどね。

マントラが何十個とあるんですよ。

で、1つが49000円です。

高いでしょ。

でもね、そのときはスピにどっぷりだったし、

有名なブロガーさんが熱心に勧めているし、

きっと効果があるんだ!

と思ってやってたんです。

で、4年半真面目にやった結果、

こんなものに金を払っていたことに、

心底嫌気がさしたんですね。

ああ~必要ないと気がついたわけです。

高い授業料払ったなと思いました。

それからですね、瞑想をやらなくなったのは。

気がつくのが遅いですよね( ̄▽ ̄;)

~~~~~~~~~~~~

その瞑想の指導者たちは、よくこういいます。

「瞑想で上がってきた感情を手放せ」と。

「その困難を乗り越えるには瞑想をしましょう」と。

感情を手放すのはいいでしょう。

でもね、そこからさらに続きがあるんですね。

「その感情を手放すには、次のステップのマントラを

伝授されたほうがいいでしょうね!」と言うんですよ。

うん?

「手放せ!」と言ってるのに、

「マントラを伝授されたほうがいい」と言うわけです。

ようはマントラを買えということです。

手放せと言っている一方で、マントラを足せという。

この矛盾は一体何なんだか。

ほとんどギャグです。

~~~~~~~~~~~~

その瞑想には何十個もマントラがありますので、

極めるにはマントラをどんどん買わなければならないわけです。

全部集めるとしたら、数百万はかかるでしょうね。

コレクションしている人がいますよ。

で、自分は何個持ってるんだと自慢する人がいます。

そんなにマントラが必要ってことは、

あなたそれだけ瞑想のセンスがないんだよ、

と当時から思ってましたけどね。

~~~~~~~~~~~~

でね、新しいマントラが毎年どんどん出てくるんですよ。

創始者が「こんなんでましたけど~」と言って、

毎年マントラを新発売しますからね。

そんなのいくらでも作れるでしょうが。

あなた創始者なんだから。

これじゃ言ったもの勝ちで、創始者の好き放題。

あーとか、うーとか、

適当な言葉を言って、

これが新しいマントラです!

言えばいいだけですからね。

~~~~~~~~~~~~

このマントラ瞑想は、

ビジネスとしてうまくできていると思いますね。

人を依存させるのが怖いくらいうまい瞑想です。

マントラを何十個と作り出し、

ステップアップしていくようになっています。

そうなると、人間面白くなるでしょ。

で、マントラを集めたくもなるでしょ。

それで自分が成長していくと思えますからね。

そうして依存していくわけです。

~~~~~~~~~~~~

また、あなたにはあれが足りない、これが足りない!

と欠乏感をあおり、それを克服するためには、

「はい、このマントラをおすすめします」

となるわけです。

瞑想依存、マントラ依存を生むことで、

ビジネスをしています。

依存している限り、幸せにはなれないしですよ。

次から次へとマントラが欲しくなるだけです。

何か困ったことがあれば、

「マントラ~、マントラ~」

と中毒患者になるだけです。

~~~~~~~~~~~~

僕は瞑想は否定しませんけども、

このマントラ瞑想は・・・です。

典型的な依存症ビジネスをやってます。

 

固有名詞は出してないけど、ああ~あの瞑想か、

とわかる方はけっこういらっしゃると思います。

~~~~~~~~~~~~

マントラ瞑想というのは元々インドが発祥です。

インドではグルのもとで修業した人が、

マントラを伝授されるのですが、

それは無料で1つだけしか伝授されません。

 

弟子は生涯そのマントラで瞑想をし、

次の世代へと伝えていくそうです。

僕は修業なんて必要ないと思ってますけども、

やるとしたらこれが本来の在り方だと思いますけどね。

~~~~~~~~~~~~

僕がこの瞑想をやって得たメリットは、

「この瞑想は必要ない!」

「瞑想は絶対ではない!」

ということですね。

 

で、今のような状態になれたのも、

ある意味この瞑想のおかげではあるので、

僕にとっては必要悪の瞑想だったとは言えます。

懲りたので、二度と関わりませんけどね(笑)

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事