MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

うまくやることに執着しない


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150112181706j:plain

何度も何度も、僕はこのブログで、

「手放しましょう」「引き算しましょう」と言っています。

で、うまく感情を手放せません!

どうしてもしがみついてしまいます!

というメールを頂くことがあります。

うん、その気持ちよくわかります。

僕もね、手放すこと、

引き算することができなかったので。

~~~~~~~~~~~~

なぜうまく手放せないのでしょう。

引き算ができないのでしょう。

その大きな理由が、

手放すこと、引き算することに執着しすぎている!

ということです。

完璧に手放そうとしている、

きれいさっぱり手放そうとしている、

うまく手放すことに執着している、

からです。

~~~~~~~~~~~~

手放そう、手放そうと強く思いすぎて、

頑張りすぎて、

今度は「手放す」ことを強く握りしめているんですよ。

生真面目で、完璧主義な性格が、

裏目に出ちゃってるんですね。

~~~~~~~~~~~~

いいじゃないですか、一度に手放せなくても。

一気に引き算しなくても。

ああ~うまくできなくてダメだ~!

と自己嫌悪におちいるのが一番よくないですよ。

それにね、何をもって「うまい」んですかね?

うまい人、見たことありますか?

そのうまい下手の基準ってどこにあるんですかね?

感情を手放すことの見本を見せられる人って、

おそらく世界中探してもいないですよ。

僕も無理ですね。

はい、どうですか、ご覧ください!

いま感情をきれいさっぱり、手放しました!

こうして感情は手放すんです!

なんて披露できる人なんていないですよ。

~~~~~~~~~~~~

うまい下手なんてのも、

自分の中での勝手な基準じゃないですか。

見本も基準もないのにうまいだの下手だのと、

決めつける必要ないですよ。

まだ「手放せない」でいるのなら、

それでいいんです。

手放したいけど、まだ残っているのなら、

あっ、まだあったんだ、

と気がついて、あとはバイバイしてあげればいいんですよ。

それでもまだあったら、

そのときもバイバイしてあげればいいわけです。

その繰り返しでいいわけです。

~~~~~~~~~~~~

だからね、「うまくできない」からといって、

自分を責めるのはやめましょう。

完璧主義はやめましょう。

頑張ることはやめましょう。

頑張ることをやめたときに、心はリラックスしています。

執着という鎖から解放されています。

そして、とっくに手放していたことに気がつくんです。

頑張らずに手放しましょう♪

 

応援よろしくお願い致します♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事