MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りは語るものではなく、実践するものです!

f:id:c-sakuranbou:20150122224900j:plain

ランキングボタンのクリック、いつもありがとうございます!

いや~クリックしてくださる人は波動が高い!

あなたはわかってらっしゃる!

と、選民意識を持たせるようなことは

死んでも言いませんので、ご安心を!

わかってない人間に「あなたはわかってる」と言われてもね・・・。

それじゃあ何にもわかってないってことだろ、

と思うんですけども。

と、しょっぱなからトークが少々スパイシーでしょうか(´∀`)

お手数ですが、今日もワンクリックのほど、

よろしくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~

差取りとビジネスはベクトルが違うことは、

覚者さんが一番わかってると思うんですよ。

方向性が違うと。

それなのに「悟りビジネス」に手を染めてしまうその浅はかさに

うんざりします。

ビジネス、金儲けを僕は否定はしません。

ビジネスは大事、お金は大事です。

ただ、ベクトルが違うもの、

方向性が違うものを無理に掛け合わせてビジネスをして、

矛盾を抱え、

それをなんだかんだと言い訳してとりつくろい、

セミナーだの、講演会だの、伝授だの、

セッションだのとやっているから、

見苦しいし、おかしいと言ってるわけで。

~~~~~~~~~~~~

マザーテレサが悟りのビジネスしましたかね?

ラマナ・マハルシもビジネスしましたかね?

彼らは差取った「生き方を人生で実践」していたんですよ。

「いまできること」「いま自分がやるべきこと」をして、

生きていたんですよ。

彼らの日常が、生活が、生き方そのものが差取りです。

生活に、人生に活かしてこその差取りでしょ。

セミナーをして、講演をして、高いステージに立って、

悟りとはこうだ~!

エネルギーはこうだー!

悟るとライトボディーになる~!

と講釈たれることが覚者なんですか?

なんですか、それ?

寝言ですか?

いいですか、寝言は寝ていいましょうね♪

~~~~~~~~~~~~

極端な例を出すな!

マザーテレサやラマナみたいな聖者のような生き方は

理想としてはいいだろうけど、普通じゃ無理だ!

というご意見もあるかと思いますが、

覚者気取るぐらいなら理想を目指し、理想に生き、

理想をつらぬけよ!

と僕は思いますけどね。

その覚悟なく、覚者でございます!

なんて口が裂けても言わないほうがいい。

どこの中学二年生だよ、まったく。

この三次元で生きている限り、覚者にだって生活がある!

金儲けの何が悪い!

というご意見もあるでしょうね。

なんだか逆ギレぽいんですけどね、そのご意見って。

だったら、覚者を「職業」になんてしなければいいんですよ。

悟りビジネスで生計なんて立てなければいいだけでしょ。

普通に会社勤めするなり、

自営するなり生活する方法なんていくらでもりますよ、

覚者を職業としている皆さん。

~~~~~~~~~~~~

覚者ってのは職業にするもんじゃなくて、

日常の生活において、人生において体現していくもの、

背中で語るもので、言葉で語るものじゃないですよ。

ましてや、セミナーや講演会を開いて教えるものでも、

習うものでもありません。

~~~~~~~~~~~~

そうした覚者さんが差取ってないのか、

と言ったら、差取りの経験はしているんです。

まあ、そんな経験を後生大事にいつまでも抱え、

あのときの至高の体験は・・・

悟りとはこうで・・・

なんて言っている時点で、

「いま」におらず、「いま」は差が取れてないですけどもね。

どうでもいいじゃん、そんな経験!

そんなに言いたければ、

チラシの裏にでも書いておけばいいのに。

2、3日寝かせてから読み返してみなって。

自分で読んで恥ずかしくなるから。

夜中に盛り上がって書いたラブレターみたいな、

ハイテンションな文章が恥ずかしくなりますよ。

自分の黒歴史になるから。

まあね、夜中にラブレター書いた経験があるから、

言ってるんですけどね。

10代の頃ですけどね。

時代がいまとは違うとはいえ、

当時としても古風だったかなと。

それをね、相手に渡してしまったという黒歴史を持っています。

えっ?

渡した結果ですか?

見事に玉砕です。

彼女の女友達の間で回し読みされました。

~~~~~~~~~~~~

そんな僕の恥ずかしいカミングアウトはどうでもいいとして、

だからね、覚者でございまーす!

なんて言ってる人だって、

普通のおじさんで、おばさんなんだし、

欲深かったりするんですよ。

ありがたがる必要はないんです。

特別な人だと思う必要はありません。

差取りの経験をしたって、欲ボケになるんです!

悟りビジネスを始めてしまうんです。

~~~~~~~~~~~~

本当の意味で覚者と言われてきた方々は、

今日(いま)自分ができることをして、

今日(いま)自分がすべきことをして、

今日(いま)を生きてきました。

彼らは生き方で、差取りを体現したんです。

生き方、人生そのものが差取りなんですよ。

覚者を職業にした人なんていませんよ。

だからといってね、僕は彼らのように、

清貧で生きろ!とか、

多くの人を助けろ!とか、

そんなことを言ってるわけじゃないんですよ。

そんなことはせずに、人それぞれ、

自分なりの今日(いま)を生きてください。

日常の生活の中で、

今日(いま)できることをして、

今日(いま)と向き合い、

今日(いま)を楽しむ。

それが今日(いま)を生きることであり、

未来や過去に生きない差が取れた生き方じゃないですかね。

そうした中で、ふとした瞬間に生まれる気づき、

それを差取りと読んだりしますけども、

そんなのどうでもいいんです。

今日(いま)を生きる「差を取った生き方」のほうが、

はるかに大事です。

差取りは語るものではありません。

ましてや講演会やセミナーで習うものでもありません。

皆さん、脱スピリチュアルをして、

日常の中で「差を取った生き方」、

すなわち「差取り」を実践していきましょう!

 

↓↓↓さあ、みんなで脱スピリチュアル!
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事