40代からの人生逆転日記

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

引き算の人生を歩みましょう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150125124130j:plain

週間INが着実に伸びています!

皆さん、ありがとうございます♪

今日も好き勝手に吠えてます!

お手数ですが、応援クリックのほどよろしくお願い致します!

~~~~~~~~~~~~

昨日の記事の続きです。

「やりたくないことリスト」を作るということは、

どういうことかと言いますと、

ようは、

「やりたくないことを自分の人生から引く」

「引き算する」ということです。

自分にとって不要なものをどんどん手放し、

捨てていくわけです。

そうすることで、「本来の自分」が現れてきます。

いつのまにか、本来の自分らしく行動しています。

~~~~~~~~~~~~

僕らは、これまでの経験による「思い込み」のせいで、

「本来の自分」が何重にも覆い隠されています。

好きなことがわからない人は特にそうです。

でも、やりたくないことをやらないことで、

どんどんその「覆い」が取れていきます。

その「覆い」とは「本来の自分との差」になるものです。

なので、やりたくないことリストを作り、

それを実践することで、

「本来の自分との差」が少しずつ取れていきます。

そうやって、どんどん「差を取って」いけばいいわけです。

参考記事:足し算ではなく引き算です!

これも「差を取る生き方」「差取りの生き方」だと

僕は思っています。

日常生活の中で出来ますよね。

特別な場所、特別な瞑想、特別なエネルギー、

特別なセミナー、特別なワークなんてね、必要ないんですよ。

~~~~~~~~~~~~

悟りは「差を取る」から差取りなんですよ。

足し算ではなく、引き算なんです。

その「引き算」「差取り」を

日常の中で活かしていくことが、

「差取りの人生を歩む」「差を取った生き方」をすることです。

そうした生き方を生涯かけてしている人を「覚者」と呼ぶのです。

差取りの経験をしたからといって、

「差取りの人生を歩んでない人」を「覚者」とは言いません。

「たまたま差取りの経験をした人」というだけです。

差取りの経験をしなくても、

「差取りの人生」を歩んでいる人なんてのは、

いくらでもいます。

差取りを語るより、セミナーをするより、

「差取りの人生を歩む」ことのほうが、

はるかに大切です。

~~~~~~~~~~~~

差取りの経験を後生大事にいつまでも抱え、

差取りの人生を歩まず、

俺は悟りました~!

覚醒の時代でーす!

これが新時代の覚者でーす!

覚者だってお金欲しいでーす!

覚者だってこんなお茶目なことしまーす!

講演しまーす!

セミナーしまーす!

悟らせまーす!

アホくさっ!

職業覚者の皆さん、覚者屋さん、

いったい何をやってるんですか?

ほんとね、強めのお注射打ってもらったほうがいいですよ。

~~~~~~~~~~~~

いまのスピリチュアルって、

どこも「足し算」ばかりしていますよね。

非日常的なことをやらせて、特別な人間にしようとして、

差をつけているんですよ。

全然逆のことをやっているんです。

それじゃあ「差が取れる」どころか、

「差を足している」ことになります。

「差が取れない」し、本来の自分も現れてきません。

「幸せ」にもなれません。

そんな逆のことをやらせておいて、

高額な料金をぼったくるわけです。

で、スピリチュアルにはまっている人たちは、

それに気がつかず、

覚者さーん素敵!

さすが覚者さん!

と目を輝かせて依存し、いつまでも無駄なことをし続け、

負のスパイラルにおちいるわけです。

スピリチュアルジプシーになるのです。

~~~~~~~~~~~~

皆さんどうですか。

「足し算」の人生、

「足し算」のスピリチュアルよりも、

「引き算の人生」、

「引き算のスピリチュアル」をしましょうよ。

本来のスピリチュアルって引き算のはずですよ。

「引き算の人生」は、特別なことをする必要はないし、

お金は一切かかりません。

その日、その場、日常生活の中で実践できます。

引き算をしていき、どんどん好きなことをして、

自分らしさを取り戻しましょう!

引き算の人生を歩みましょう!

 

クリックしてあなたも脱スピリチュアル!
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事