埋っている自分を彫り出そう!


スポンサードリンク

   

 f:id:c-sakuranbou:20150215181652j:plain

いつも応援ありがとうございます!

今日も皆さんの力を貸して頂けると幸いです。 

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

優れた仏師や彫刻家は、木や石の中に「仏(神)」を見ると言います。

だから彼らは一様に同じことを言います。

仏(神)を作っているわけではない。

木や石に宿る仏(神)を彫り出しているだけだ。

彫刻家であり、画家でもあったミケランジェロは、

私は大理石の中に天使を見た。

石を削ってそれを解き放った。

と言っています。

f:id:c-sakuranbou:20150215173257j:plain

燭台を持つ天使/ミケランジェロ

 

差取りとは、この「削る」作業と同じだと僕は思っています。

~~~~~~~~~~~~

僕らは、これまでの経験や教えられてきたことによって、

固い「思い込み」が出来ています。

その思い込みは何層にもなっています。

その厚い層が本来の自分(神)を覆い隠しているのです。

差取りとは、その層を削っていく作業です。

本来の自分との差を取っていく、

余計なものを引いていく、手放してく、

そうした作業を日々の生活の中で実践していくのです。

やりたくないことリストを作るのもそうです。

参考記事:やりたくないことリストを作りましょう!

これも削る作業ですよね。

~~~~~~~~~~~~

どんどん自分の中での「思い込み」を削ってください。

そして思い込みの中に埋まっている自分(神)を彫り出してください。

見つけ出してください。

単調な作業かもしれませんが、

日常の中で実践していくしかありません。

生活の中で、「思い込みを削る=差を取っていく」ことが、

差取りの人生を歩むことだと僕は思います。

そこに非日常的な手段は一切介在しません。

皆さん、思い込みを削って、やりたくないこと、無駄を削って、

自分(神)を彫り出してみませんか。

そして自分なりの差取りの人生を歩んでみませんか。

削るほど自分(神)が現れてきますよ。

それはそれは楽しい作業ですよ♪ 

f:id:c-sakuranbou:20150215175033j:plain

 

埋もれた自分(神)を彫り出そう♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事