頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも歩いている道

頑張らない悟り方

f:id:c-sakuranbou:20150218223759j:plain

いつもブログでわかったようなことを書いてますが、

僕自身書いていることをうまく実践できているかというと、

必ずしもそうではありません。

エゴに飲み込まれることもあります。

ブログの記事を書いているときは、

「この言葉に恥じない人間になろう」と自分自身に言い聞かせながら、

書いているところがあります。

こんな感じですが、何かしら皆さんの「気づき」のきっかけとなる記事を

書ければと思っております。

お手数ではございますが、

本日も応援クリックのほどよろしくお願いいたします!

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

さて、今日の本題です!

昨日、うちから駅までの道を歩いていたときのこと。

たまたま道の左側を見たんですね。

そうしたら、物凄く新鮮な感じがして、

毎日のように歩いている道が一瞬全く知らない道に見えたんです。

そのとき、

「あっ、俺って、この道を歩くとき、

真ん中か右側しか見てなかったな」

ということに気がついたんです。

厳密に言えば、視界には入っていたのですが、

意識して左側を見たのは、このときが初めてだった気がします。

この気づきというのは、「アハムービー」を見て、

答えがわかったときの「アハ体験」と同じような感覚で、

頭がスカッとしました。

僕は毎日のように歩いていたのに、

決まった方向しか見ていなかったわけです。

左側を見ていなかったんですよね。

左側はずっとあり、視界にも入っていたのに、

意識してなかったんですよ。

~~~~~~~~~~~~

僕の「効き目」は右目です。

だから、どうしても右側を意識してしまう傾向があります。

でも、それって景色の一部なんですよね。

左側もありますからね。

ちょっと見る方向性を変えてみる、

視野の癖(思考の癖)に気がつき、

視点(思考)を変えてみることって大事だと思います。

そうすることで、それが全く違うものに見えたり、

何か新しいことに気がつくことってあると思います。

ルーチン化した物事こそ、見る方向が決まっていたりしますからね。

~~~~~~~~~~~~

皆さん、「いつも歩いている道」を、違う角度から見てみませんか。

正反対の方向から見てもいいと思います。

もしかしたら新鮮な「気づき(アハ体験)」があるかもしれませんよ。

「いつも歩いている道」がもっと立体的に、

もっと鮮やかに見えるかもしれません♪

オススメです!

気づきは日常の中に溢れていますね♪

 

日常に目を向けてみましょう!
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事