無条件の愛とは、あるがままの自分を信頼することです!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150225004449j:plain

脱スピ祭り今日も開催中です!

そして次は・・・起こすぜ脱スピ革命!

特別なスピリチュアルなんて一切必要ありません!

そのことを多くの人に知ってもらいたいと思います。

今日も脱スピ祭り、脱スピ革命にご協力頂けますと幸いです。

皆さんのクリックが脱スピ革命を加速させます☆

よろしくお願いいたします♪

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

昨日のコメント欄で、らいちさんに

>無条件に自分を愛するをみんなに具体的に教えてあげて欲しいです

というリクエストを頂きましたので、

視点を変えた言葉、スポットライトの当て方を変えた言葉で、

今日は書いてみたいと思います。

言ってることは、同じことなんですけども、

人によって、心の琴線に「ひっかかる言葉」って違いますからね。

ある言葉がその人にはピンとくるけど、別の人にはピンとこない。

そんなのは当たり前のようにあるわけで。

僕だってそうです。

歴史的に有名な覚者さんの言葉だって、

全然ピンとこないなーなんてことは多々あります。

でも、他の人が聞いたら「おおお!」となったりするわけですよ。

そうやって、スポットの当て方を変え、

角度を変えて表現していくことで、

そのときの言葉が「ツボ」に入り、

「あっ!」と気がつくこと、楽になることってありますから。

今日の記事が、どなたかの心の琴線に触れたら幸いです♪

~~~~~~~~~~~~

「無条件に自分を信頼する・愛する」には、どうしたらいいか?

というと、

昨日も言いましたけど「何もしなくていい」ということです。

だからといって、働くな! ニートでいろ!

と言ってるわけではないですよ(゚∀゚)

生活のためには働きましょうね!

それだと考えが明後日の方向に飛躍しすぎですからね。

いまの自分の不安定な精神状態に駆られて、

それを埋めるために、特別なことをする必要はない!

ということです。

だ・か・らスピリチュアルなワークなんてのは、

もってのほかなわけで。

その理由は今日は省略しますけどね。

ようはスピなことをやることで、

欠乏感と不安を煽られるだけですから。

~~~~~~~~~~~~

無条件なのだから、あらゆる条件付けをやめればいいんです。

もっと痩せたら、もっと収入が増えたら、

彼氏・彼女ができたら、もっといい仕事に就いたら、

もっと浄化できたら、至福の体験をしたら・・・と、

そんな条件付けを全てやめてください。

~~~~~~~~~~~~

また、無条件に自分を信頼し愛したら、

至福に満ちて、いいことばかりが起きて、

経済的に豊かになって、すべてがうまくいくようになる!

と期待するのもやめてください。

希望を持つのをやめてください。

期待通り、希望通りにはなりません。

期待も希望も「条件付け」です。

とにかく「全て」です。

全ての条件付けをやめましょう。

~~~~~~~~~~~~

「無条件に自分を信頼する・愛する」ということは、

禅では昔からこう言ってます。

「あるがまま」と。

だからね、「あるがまま」でいいんですよ。

何もすることなんてなかったんです。

「あるがまま」でよかったのです。

いまの何もしない「あなた」でよかったのです。

その「あるがままの自分」にOKを出すだけなんですよ。

~~~~~~~~~~~~

また「無条件に自分を信頼する・愛する」ということは、

「自分にも未来にも期待しない」ということ、

「希望を持たない」ということです。

さっきも言いましたけど、期待する、希望を持つということは、

無条件じゃないですよね。

期待したら、どんな状況、どんな自分も無条件で

受け入れてないですからね。

無条件で自分を信頼する・愛することに功徳はありません。

「無功徳」です。

なーんにも、それこそ一切功徳はありません。

それが無条件の信頼であり愛です。

~~~~~~~~~~~~

いま苦しい状況だからといって、

急いで無条件に自分を受け入れよう!

とはしなくていいのです。

それだと「いま」にいないですよね。

「いま」から「未来」に逃避しているだけです。

ただ、くつろぎ、リラックスをして、

いまの自分、あるがままの自分を信頼してください。

愛がなければ信頼はありません。

なので信頼=愛です。

どうか、そのまま、あるがままでいてください♪

 

無条件と無功徳はイコールです♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事