日常がすべてです!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150325231111j:plain

いつも応援ありがとうございます!

ブログランキングトップ10内にいられるのは、

応援してくださっている皆さんのおかげです。

本当にありがとうございます!

お手数ですが、本日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

3/4の記事のコメント欄で、はらみんさんから、

3/4の記事:僕が全力で伝えたいこと

とても素敵なご報告を頂きました。

ご覧になられてない方もいらっしゃると思いますので、

その一部をご紹介いたします。
※ぜひ全文もお読みください!

僕のブログが、こうした「気づき」を生むきっかけとなったとしたら、

これほど嬉しいことはありません!

 以下、はらみんさんのコメントの抜粋です。


詳しく書くと更に長くなるので控えますが、日常に仕事に真剣に向き合うと その中にセミナー ワークと変わらないリアルセッションが起きていたことに気づくようになりました。
「これって、あのセラピー受けた時と同じじゃね?」ってことが。

全ては日常の中でちゃんと用意されている

ということを今回身を以て知る事ができた体験でした。


そうなんですよー!

何度も言ってますが、すべてはぜーんぶ日常の中にあるんです!

余すところなくすべて日常の中にあります。

特別の中になんてないんですよ。

特別な瞑想、特別なワーク、特別な講演会、

特別なセミナーの中になんて何一つありません。

答えは、気づきは、必要なことはすべて日常の中にあります。

すべてですよ、すべて!

日常の中にあるから、自分しかできないんですよ。

自分でしか「気づけない」んですよ。

ヒーラーや覚者にどうにかしてもらうことなんてできません。

自分のことは自分でやるしかないし、

人は自分のことは自分で出来る力があります。

それはどんな人でもです!

~~~~~~~~~~~~

特別なことをしないと差取れないのなら、

差取りの修業なんて、暇人とお金が余っている人の「道楽」でしかありません。

ほんと差取りとは何も関係のない、ただの道楽です。

まあ、暇とお金がある方はいいですよ、道楽をすれば。

実際、いまの日本のスピリチュアルは、そんな風に成り下がっています。

悟りビジネスのせいで、確実におかしな方向に行っています。

日常で気づけなくて、何が差取りだよと思いますよ。

来る日も来る日も瞑想をして、浄化をして、

それで差取りましたって、おいおい・・・。

そんなに暇なの?

他にやることあるでしょ。

ε=(・д・`*)ハァ…

本当にそれが差取りなんですか?

エゴは悟りさえ作り出しますからね。

参考記事:エゴは悟りさえ作り出す

~~~~~~~~~~~~

だいたいね、毎日瞑想や座禅ができますか?

そんな時間ないって。

一般的な社会人は忙しいんですよ。

何万、何十万もするセミナーに、ワークショップに、

リトリートに行かないと差取れないんですか?

そんな時間もお金もないって。

まだアベノミクス効果は庶民にまで降りてきてないので、

経済的に厳しい人は多いんですよ。

それとも、社会生活や貯金を投げ出す、

そうした気持ちがないと差取れないんですか?

すべてを捨ててこそですか?

で、投げ出したものは、誰のふところに入るんですか?

スピリチュアルの世界は、新興宗教ほどのきつさはなく、

組織だってはいないけど、

限りなくそれに近い「マイルド宗教」ですよね。

そして非常にマイルドな教祖様がいらっしゃいます。

そのマイルド教祖様たちが、言葉巧みに、

じわりじわりとお布施を要求してきます。

~~~~~~~~~~~~

何度も言ってますが、何かをした対価、

見返りとして得ようと思っている限り、

絶対にその願いは叶いません!

瞑想、座禅、時間があるときはもちろんやっていいですよ。

ただ効果を「期待」はしないでください。

ただやってください。

それに意味付けをしないでください。

無功徳です。

~~~~~~~~~~~~

でもね、そんなのより、はるかに効果が高いのがあるんですよ。

特別で高価なスピのワーク、瞑想、セミナーよりも、

効果も即効性も高いのがあるんです。

それは何かというと、日常と向き合うことです。

日常と向き合うということは、

「いま自分がやるべきことをやる」

ということです。

仕事、家族、健康、その他諸々、

人それぞれに、いま自分がすべきことがあるじゃないですか。

だから、それをやればいいんです。

こうして日常と向き合うことが、自分と向き合うことになり、

今日(いま)と向き合うことにもなります。

そして今日(いま)と向き合うことが、

今日(いま)を生きることになります。

それが「差取りを生きる」ことだと思います。

差取りの人生を歩むことだと思います。

~~~~~~~~~~~~

差取った人になるより、差取りを語る人になるより、

日常と向き合い、日常を生き、

自分と向き合い、今日(いま)と向き合い、

差取りの人生を歩むことのほうが大切ですよ。

自分がいまできること、

やるべきことをやることのほうが大切ですよ。

どうですか、差取りの人生を歩みませんか。

頑張らずに、リラックスして歩んでいきませんか♪

 

日常と向き合いましょう♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事