悩みと向き合ってください


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150315094226j:plain

いつも応援ありがとうございます!

お手数ですが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたします。

皆さんの応援クリックがブログ更新の励みになっております!

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

人それぞれ、悩み事があります。

仕事のこと、家庭のこと、人間関係のこと、

または過去のこと、将来のこと、

様々な悩みがあり、人はそれらを複数抱えていたりします。

そんな悩みも、差取ったら、

悟りの経験をしたら無くなると思っていませんか?

そのために差取りに関する本を読み、

講演会に行き、ヒーリングをしてカルマの浄化をして、

1歩でも差取りに近づこう、1日でも早く差取ろう、

そう思っていませんか?

そのときの「意識」はどこにあるのでしょう。

「いつか」という未来に「意識」は向けられていますよね。

「いま(今日)」にはありません。

「ここ(日常)」にもありません。

~~~~~~~~~~~~

悩みを解決するためといいながら、悩みと向き合わず、

まったく関係のないことをしています。

関係のないことをしているのですから、

悩みは当然のごとく解決しません。

悩みと向き合いましょう。

なぜ、自分はそれを「悩み」だと、「問題」だと思うのか、

その思いの根を見つけましょう。

思いの根を見つけたら、受け入れ、手放すのです。

こうして思い込みの枠を外し、

自分の中の神性を彫り出していくのです。

~~~~~~~~~~~~

悩みと向き合うことが、

今日(いま)の自分と向き合うことになります。

日常(ここ)の自分と向き合うことになります。

いまここで悩みと向き合い、自分と向き合い、

余計な思い込みを手放していく、

いまやるべきことをやっていく、それが差取りの人生です。

すべて日常の中で出来ます。

差取りのために本を読み、覚者の話を聞きに行き、

ヒーリングをする、修業をする、それはまったく見当違いな手段です。

~~~~~~~~~~~~

いつかなれるかもしれない差取りの体験者を目指すのではなく、

いますぐに実践できる差取りの実践者になりませんか。

選ばれた人、特別な人だけが実践者になるわけではありません。

この瞬間から、誰もが「差取りの人生を歩む実践者」になれます。

ほら、体験なんて目指すのはやめて、

体験者になる修業なんてやめて、

いますぐ実践者になりましょうヽ(´▽`)/

 

いますぐ実践者になりましょう♪
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事