MAKIの日記

男性こそ日常に意識を向けましょう!

f:id:c-sakuranbou:20150322235328j:plain

いつも応援ありがとうございます!

お手数ですが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたします!

皆さんの応援クリックによって、脱スピの流れが加速します!

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

僕のブログって、女性の読者のほうが多い気がします。

スピリチュアルに興味を持つのは、

男性よりも女性が多いので、女性の読者が多いのは、

当然と言えば当然なのですが。

それと、僕が言っていることが、女性の共感を呼びやすいのかな、

と思ったりもしています。

僕は今日(いま)に、日常(ここ)に目を向けて生きましょう!

といつも書いています。

女性は、男よりも日常を大切にする方が多いので、

共感を呼びやすいのでは?

と分析しております。

~~~~~~~~~~~~

男というのは僕もそうだったのですが、

何かを成したい!

という思いが強いんですね。

男として生まれたからには・・・なんて言葉がある通り、

何かを成したいし、地位や名誉を得たいし、名を残したいんですよね。

それがスピリチュアルに興味を持つ男になると、

「差取りたい!」という強烈な思いになる気がします。

ある人は一生懸命にスピリチュアルなワークに専念し、

ある人は覚者と呼ばれる人の本を読み漁り、

ある人は宗教に入り過酷な修行に励みます。

そうして差取りとは何も関係のないことをするのです。

それをやり尽くした後に、ハッと「気がつく」わけです。

まったく必要なかったと。

自分で極限まで首を絞め、限界に達したときに手を離して、

「あれ? 俺なにやってんだ!」と「気がつく」わけですね。

なので、エゴが強い人ほど、エゴで何とかしようと修行に励みます。

~~~~~~~~~~~~

男は女性よりも、よくも悪くも極端な人が多いんですね。

なので女性は意識のブレ幅が小さくて、気がついても、

「あっ、こういうことね」と思えるのに対し、

男はブレ幅は大きいから、

うおおおお!!! 俺はやったぜーベイベー!!!

となるわけです。

でも「気づき」は同じなんですよ。

そこに「差」はありません。

ただ、性質の違いとして、

女性は男よりも「気づき」に近いところにいて、

男よりも「感覚として理解」しやすいとは思いますが、

それを表現するというか、言語化する、

体現して生きていくのは男性の方が得意な気がします。

~~~~~~~~~~~~

「日常に目を向けよう!」という考え方は、

男はなかなか受け入れがたいと思います。

それを敗北や挫折と捉えたりしますからね。

てことはですよ。

男は何よりも日常に目を向けた方がいいと僕は思いますよ。

差取った人になろうとか、差取りの経験をしようとか、

そんな先のことに目を向けずに、

今日(いま)に、日常(ここ)に意識を向けて、

いま自分がすべきことをして、生きればいいんじゃないですかね。

それに強い抵抗感を感じたとき、

なぜそう感じるのか、じっくり見た方がいいと思います。

なぜ俺は、いつか差取るために瞑想しているんだ?

なぜ俺は、日常よりも差取りの修行が大事なんだ?

何万もお金を出して修行するんだ?

何年も修行しているんだ?

日常を置き去りにしていないか?

そこまでする意味があるのか?

と自分に問い掛けるのです。

そうやって問いかけ、自問自答しながら、

感情に向き合ってみてください。

それは本を読んだり、

スピリチュアルなワークや宗教的な修行をするより、

重要なことだと思います。

どうでしょう!

いつか大きなことを成そうとするよりも、

今日(いま)、日常(ここ)で出来ること、

感情と向き合うこと、

そうした小さなことを日々実践してみませんか♪

 

 

f:id:c-sakuranbou:20150322233637j:plain

西川師匠も言っています!小さなことからコツコツと!
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事