40代からの人生逆転日記

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

これからの時代、個性を磨くことが大切です!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150401214535j:plain

 いつも応援ありがとうございます!

お手数ではございますが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです(´∀`)

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

昨日の続きになります。

これからの時代、先進国や発展途上国の人々だけが、

仕事の競争相手ではありません。

テクノロジーの進歩はさらに大きな競争相手を作り出しました。

それは何か?

機械やロボットです。

人間に代わり、様々な機械がいままで人間がしていたことを

行なっています。

それは今後より身近に、より顕著になっていくでしょう。

たとえば、いま自動車メーカーはもちろん、

GoogleといったIT企業まで全自動運転の車を作っています。

これが実用化されたらどうなるでしょう。

タクシーの運転手さん、

バスの運転手さんの仕事が無くなると思いませんか?

長距離トラックの運転手さんの仕事も無くなるかもしれません。

完全には無くならないまでも、かなり雇用が減る可能性はあります。

いやいや、機械なんかに運転を任せていられるか!

と思う方もいるでしょう。

新しいこと対する不安は何にでもつきまとうもの。

もし実用化になったら、

人間が運転するよりも安全と言えるかもしれませんよ。

人間は、体調によって影響されるし、

なかにはスピードを上げすぎたり、

お酒を飲んで事故を起こす人がいます。

そんな事故は毎日どこかで起こっています。

法定速度を守るようにプログラミングされていれば、

スピード違反はなくなります。

完全自動運転なら、お酒を飲んでも問題はありません。

抜群の安全性!

そして機械なら、文句も言わずに24時間働いてくれます。

会社を辞めたりもしません。

全自動運転の車は、人間よりも高い労働力があると言えるでしょう。

数十年後には、

「昔の人は車を自分で運転していたんだよ」

なんて言うと、

「そんな危ないことしていたんだ! 全自動運転の方が正確で安全なのに」

なんて言葉が、手動運転を知らない世代から、

返ってくることも十分に考えられます。

~~~~~~~~~~~~

完全自動運転の車が当たり前の世の中になったら、

運転免許制度はどうする?

なんて話も出てきて、もしかしたら教習所が不要になるかもしれません。

車の運転を生業にしている人、

運転を教える人の仕事が激減する可能性があるわけです。

~~~~~~~~~~~~

また医療の分野では、手術をロボットが行うなんてことがあるかもしれません。

※人型ロボットではないですよ。

今後、人間よりも精度が高く、よりスピーディーに手術ができるロボットが

作られる可能性があります。

また手術不要の薬なり、治療マシンが発明されることも十分に考えられます。

となると、お医者さんの仕事が減るわけです。

~~~~~~~~~~~~

いま、人工知能の進歩はめざましく、

もしかしたら将来裁判は、人間ではなく人工知能が行うのではないか

という予想もされています。

人工知能は、法を「理解」しているという点では人間をはるかに凌駕しています。

これまでの判例などもすべてデータとして入力され把握しています。

それらのデータと照らし合わせ、

一瞬にして判決を下すことができるようになるかもしれないです。

裁判が1分で済む!

といった時代になるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~

あまりに荒唐無稽でしょうか?

いえいえ、こうした世界が、僕らの生きている間に来る可能性があります。

一昔前の漫画に描かれていたSF的な世界が、

現実になる数歩手前まで来ているのです。

~~~~~~~~~~~~

18世紀半ばに起こった産業革命以降、文明は急速に進歩してきました。

20世紀に入ると、その勢いは増し、

20世紀の100年の間に、過去1000年分以上文明が進歩した!

とも言われています。

その進歩の勢いは留まるところを知りません。

~~~~~~~~~~~~

より競争が激しくなり、急激にテクノロジーが進化し、

社会システムも移り変わっていく中で、

どうやって生きていくか?

となると、僕は変化を恐れないことが必要になってくると思います。

いままでの当たり前に固執しないことです。

そしてまた、必要になってくるのが、「個性」を磨くことだと思います。

競争の荒波の中で生きるため、

必死になって時代にあった資格を取るなり、仕事に就く!

といったことが出来る人はすればいいと思います。

競争の中をどんどん突き進んでいけばいいと思います。

僕はそういうことに向いていないのでしませんが。

そうした競争の激しい市場を血で血を洗う海という意味で、

「レッドオーシャン」と言ったりします。

それに対し、競争相手のいない市場をブルーオーシャンと言います。

参考記事:人との比較をやめるとメリットだらけ!

~~~~~~~~~~~~

頑張らずに、楽しんで生きるためには、人との比較をやめ、

個性を磨く、オリジナリティーを磨くことが、

今後生きていく上で重要になってくるのではないかと僕は思います。

いまの「時代」では、まだ仕事に結びつかないかもしれませんが、

このご時世、2~3年で流れはガラリと変わります。

その個性が時代とマッチする可能性は誰も否定できません。

個性を磨くことが、誰にもマネできない、

自分だけの仕事を作ることになります。

~~~~~~~~~~~~

私に、個性とかオリジナリティーなんてないし・・・。

平凡だし、むしろ平凡以下だし・・・と卑下しないでください。

誰にでも個性はあるし、オリジナリティーはあります!

それは誰かと比べ、劣っていると感じているから、

そう思うのです。

また上を見すぎていたり、完璧を求めすぎているから、

無個性だと思うのです。

比べずに、いま自分が好きなことを個性にしてください。

それを個性だと、オリジナルだと認めてください。

自分を認めてください。

いまの自分を認め、その個性を認め、

いまの自分で出来ること、

自分のやりたいことを追求することが本当の自分磨きです。

自分を変えようとして、何か特別なことをやることが、

自分磨きではありません。

~~~~~~~~~~~~

あ~もっと短く書くつもりが、書いているうちにのってきて、

長くなってしまいました( ̄▽ ̄;)

てことで、ここからは簡潔に!

どうですか、これからの新しい時代に備え、

個性を磨いていきませんか♪

僕も磨いていきます。

皆さんも一緒に磨いていきましょ~ヽ(*´∀`)ノ

 

頑張る自分磨きはもう卒業♪

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事