MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

条件付きと無条件、有料と無料、有限と無限、どっちがいいですか?


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150404222420j:plain

いつも応援ありがとうございます!

お手数ではございますが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです(´∀`)

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

 はじめてこのブログを読む方へ!

当ブログは、スピリチュアル系のブログランキングに登録しておりますが、

スピリチュアルなことを教えるブログではありません。

ヒーリング方法も、チャネリングした言葉も、

浄霊の方法も、瞑想のテクニックも教えません。

当ブログは、脱スピリチュアル、スピリチュアルからの卒業をおすすめし、

それをされたい方を応援するブログです。

そのために、自分の脚で立って歩けるよう、

僕の思ったことを書いております。

~~~~~~~~~~~~

さて、今日はここからが本題です。

人生を変えたい、自分を変えたい、

そう思いスピリチュアルに関わったけども、

うまくいかなかったという人は多いでしょう。

中毒のようになって、あれもやらなきゃ、

これもやらなきゃと一生懸命にやったけど、それでも変わらない。

スピリチュアルに関わったら、あれこれとやりたくなって、

心が落ち着くどころか、逆に不安になり依存症になります。

中毒患者になります。

まず、そういった症状が出るというだけで、

スピリチュアルの怪しさ、おかしさがわかるかと思います。

~~~~~~~~~~~~

そして、これは自分を高めるため、カルマを浄化するためと言って、

どんどん高額なセミナー、ワーク、セッションにお金をつぎ込みます。

金銭感覚がマヒしてしまうのです。

これはスピリチュアル中毒の典型的な症状です。

スピリチュアル中毒の怖いところです。

そんなことをする暇があったらボランティアをする、

そんなお金があったら募金する、

そうしたほうがよっぽど人のためになるし、

カルマの浄化にもなると思うのですが、それはしません。

参考記事:カルマを浄化する最強の方法

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルビジネスに関わる人は、

自分を変えるため、浄化するためには高額な決意料が必要だと言います。

参考記事:この値段は決意料です!

それだけこのセミナー、ワーク、セッションに臨むには、

コミットして欲しい!と言います。

はい、営業のクロージングトークです!

高額なものを売りつける悪徳営業のトークそのものです。

こうした強要をする営業が売るものって、そのほとんどが胡散臭いものです。

~~~~~~~~~~~~

決意して自分を変える必要などありません。

セミナー、セッション、瞑想にコミットする必要などないのです。

決意して変えるということは、

いままでの自分を否定することになります。

否定から始まった決意など、うまくいくはずがありません。

否定するのではなく、過去の自分も、いまの自分も、

「受け入れる」だけでいいのです。

お金を出して、決意して自分を変えるのではなく、

お金を出さなくてもいい、いまの自分のままでいい、

あるがままでいい、そうやっていまの自分にOKを出す、

いまの自分を受け入れることが、本当のスピリチュアルです。

どうせコミットするなら、

セミナー、セッション、瞑想にコミットするのではなく、

自分にコミットし、無条件に自分を受け入れてください。

それが自分に対する無条件の愛です。

無条件の信頼です。

無条件なので無限です。

~~~~~~~~~~~~

一方スピリチュアルビジネスでやっていることは、

高額な料金を設定しています。

それは言わば、条件付きの愛、条件付きの信頼だと

言っているようなものです。

有料で、条件付きなので有限です。

あきらかに胡散臭いものを売っているじゃないですか。

もう一目瞭然です。

なので、効果が続くことはありません。

~~~~~~~~~~~~

条件付きと無条件、有料と無料、有限と無限、

どっちがいいかは言わなくてもわかりますよね♪

お金で自分(神)を変えようとしないでください。

お金で愛を、自分(神)を買わないでください。

無条件で、無料で、いまの自分をただ受け入れてください。

これが昔から伝わる本当の意味でのスピリチュアルな教えだと思います。

どうか、いまのまま、あるがままの自分を受け入れてください。

 

あるがままで大丈夫♪
?にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事