MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

僕が思う本当のスピリチュアル


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150412100017j:plain

正真正銘の脱スピリチュアルブログへようこそ!

類似品にはご注意ください♪

お手数ではございますが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです(´∀`)

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事セレクトその1 2014/7/28~2015/2/9

~~~~~~~~~~~~

 僕自身、これまでスピリチュアルに関わり、

数多くの失敗を重ねてきました。

不安を煽るスピリチュアルビジネス、

人を依存させるスピリチュアルビジネスの罠にはまり、

スピリチュアルなことをすることで、

悩みは解決する! 自分は幸せになれる! 差取ることができる!

そう信じて、多くの時間とお金をつぎ込みました。

でも、不安は消えぬまま、悩みも解決しないまま、

差取ることもできないまま、仕事もお金も無くなるという、

そのときなりのどん底を味わいました。

~~~~~~~~~~~~

そうした失敗があり、いまがあるので、

それはそれで必要な経験だったと思います。

ただ、どうせだったらそんな経験はしない方がいいじゃないですか。

そうした経験をする前に、

スピリチュアルのおかしさに気がつくのに越したことはないわけで。

だから、先に多くの失敗をした者として、

騙されてきた者として、

スピリチュアルには関わらない方がいいですよ!

と、僕はこうしてブログで警鐘を鳴らしています。

また、スピリチュアルに関わらずに、自分の脚で歩んでいけるよう、

僕なりのメッセージを送っているわけです。

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルの世界にいて、

心地よい人にとってはピンとこないことかもしれません。

スピリチュアルに関わって、スピリチュアルなことをして、

いまとても心地良く感じて、これの何が悪いの? 何がいけないの?

と思ったとしても、心は確実に蝕まれていってますよ、

ということを伝えたいです。

薬物の中毒患者が、これを飲むと寝なくても目が冴えて調子がいいし、

食事を取らなくても平気!

少しぐらいなら体に影響はない!と思うのと同じです。

耐性ができて少量では満足できなくなり、

次第に「使用量」が増えていきます。

そうして最終的には廃人になります。

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルに関わるほど、強い刺激が欲しくなります。

そうしてどんどん時間とお金をつぎ込みます。

本来のスピリチュアルとは、心を落ち着かせるもの、

そうした依存とは無縁だったはずです。

その依存を修業だと勘違いしている人が多数います。

心の平安を手にするのに修業は必要ありません。

高いお金を出して修業をする必要などありません。

ただ、現状を、今日(いま)を、日常(ここ)を、

受け入れればいいだけです。

受け入れればいいことにも修業は必要ありません。

でも私は弱い人間だから修業が必要・・・という思っている方、

じゃあいつ強くなれるのでしょう?

強くなったと判断は誰がするのでしょう?

いま自分にOKを出さない限り、

延々と修業のドラマにはまりこみ、

スピリチュアルに人生を翻弄されることになります。

修業という言葉を使うのなら、

生きることそのものが修業ではないですか。

修業をしているようで、

実はスピリチュアルに逃げている自分に気がついてください。

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルに関わるほどに依存させられてしまうということは、

あきらかにスピリチュアルに問題があります。

どんどん時間とお金を奪われていくことになります。

そうして地に足のつかない、

おとぎ話の中で生きるスピリチュアル廃人になってしまいます。

さらには自分が指導的立場となり、自分と同じような廃人を養成し、

人の貴重な時間とお金を奪う側へと回ります。

~~~~~~~~~~~~

多くの方に、こうしたことに気がついて欲しいと思います。

そして自分の脚で歩めるようになった方は、

スピリチュアルから卒業し、

僕のブログからも卒業して欲しいと強く思うのです。

自立し、人と比べす、常識、普通、平均といったことと自分を比べす、

自分を無条件に愛し、自分を受け入れる。

そうすることで人生がより楽しくなります。

それが本当の意味でのスピリチュアルだと僕は思うのです。

 

みんなで脱スピリチュアル♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事