死と向き合いましょう!死を受け入れましょう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150418115841j:plain

本家本元の脱スピリチュアルブログへようこそ!

お手数ではございますが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです!

(´∀`)

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事まとめ

某マントラ瞑想の問題点まとめ

~~~~~~~~~~~~

 明日死ぬつもりで生きなさい。

永遠に生きるつもりで学びなさい。

これはインド独立の父と言われるマハトマ・ガンジーの言葉です。

f:id:c-sakuranbou:20150418115319j:plain

僕はこの言葉が大好きです。

明日死ぬかもしれない、もう今日しかない!

そう心から思うことで、今日(いま)を大切します。

今日(いま)を生きます。

だからといって、享楽的に、虚無的に今日を過ごすのではなく、

永遠に生きるつもりでいたら、

好奇心旺盛に、謙虚に学び、生きることができます。

~~~~~~~~~~~~

僕は3.11以降、心から死を身近に感じるようになりました。

参考記事:あの日を境に日本は「いま」と向き合う時代になりました

先日、地質学が専門である友人が、

「地質学的に見て20世紀が静か過ぎた。

日本は9世紀のような大激動の時代になるかもしれない」

と言っていました。

本当にいつ大災害が起きてもおかしくない状況です。

それで死ぬことだってあります。

「人は死なない」とか、そういったスピ的な表現はここではいいです。

その通りですけども、そういった究極論は、僕はあまり好みません。

それは人によっては、死を恐れるあまりの逃避になるからです。

人は死なないと思うよりも、「人は必ず死ぬ!」と思い、

死を受け入れたほうが、人生は輝き出す・・・僕はそうは思います。

来世にしてもそうです。

「来世」を認めることで、今世から逃避してしまうことが多々あります。

「来世」があったとしても、その来世は今世(いま)です。

今世(いま)しかありません!

~~~~~~~~~~~~

死と向き合いましょう!

死を受け入れましょう!

死を意識することで、いま自分は何をしたいのだろう、

何をして生きたいのだろうと、

真剣に今日(いま)と、日常(ここ)に人は向き合います。

今日までの命、明日には死ぬと思って生きてみませんか。

そして永遠に生きるつもりで学びませんか。

恥をかいたっていいじゃないですか。

失敗したっていいじゃないですか。

苦しんだっていいじゃないですか。

今世・今日(いま)をやりきりましょうようよ!

生ききりましょうよ!

これは皆さんに呼びかけているのと同時に、

書きながら自分自身にも呼びかけています。

僕はガンジーの言葉をいつも心に宿し、

今日(いま)を、日常(ここ)を生きたいと思っています。

 

死と向き合いましょう!
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ