台風の目の中に飛び込みましょう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150419233356j:plain

本家本元の脱スピリチュアルブログへようこそ!

お手数ではございますが、今日も応援クリックのほど、

よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです。

ヽ(´▽`)/

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事まとめ

某マントラ瞑想の問題点まとめ

~~~~~~~~~~~~

 スピリチュアルビジネスをやると、

新しいヒーリング、新しい瞑想、新しい教え、

といったように、飽きられないよう、

次から次へと新しいことをやって、人を刺激しないとダメなんだな~

ということをあらためて実感した今日この頃です。

~~~~~~~~~~~~

スピリチュアルビジネスに関わっている人は、

「飽きられること」に対する強烈な「恐れ」があります。

なぜなら飽きられたらおまんまの食い上げですからね。

だから、いろんなことをします。

いろんなヒーリングをしたり、瞑想をしたり、

昔からある教えを表紙だけ変えて、

「これが新時代の教えだ!」

「これが現代人のための教えだ!」

なんてこと言い出します。

一見ね、最もらしく聞こえますが、

結局は恐れと欲から生み出されたヒーリングであり、

瞑想であり、教えです。

それが効果あると思いますか?

本当に心が楽になると思いますか?

スピビジネスの関係者も心が落ち着くことはなく、

それを受けた人たちも自立できることなく依存し続け、

苦しみ、怯え続けます。

行き着く先は共倒れでしょうか。

エゴでエゴを満たすこと、癒すことはできませんよ。

~~~~~~~~~~~~

僕はね、飽きられても全然平気なんですよ。

飽きてくるというのは、

人によってはスピリチュアルから卒業しかかっている兆候でしょうから。

飽きられること大歓迎です!

僕が言ってることなんて、これまで言われ尽くされていることですよ。

それがスピリチュアルの世界では、ないがしろにされているだけで。

僕は新しいことをやるよりも、本来の姿に、伝統に回帰しましょう!

と繰り返し言っています。

そうした伝統的な教えは、僕のブログを読まなくても、

仏教関係の本を読めば書いてあります。

~~~~~~~~~~~~

そのような教えをしっかりと咀嚼し消化するんです。

咀嚼というのは、まずは考えること。

どういう意味なのだろう、何を伝えたいのだろうと、探ってみるのです。

考えて見るのです。

そして消化というのは、日常生活の中で実践していくことです。

そうすることで、その教えが自分の血肉となり、

自然と人生に反映されていきます。

そして人生がより充実したものになり、

苦渋に満ちた情況の中でも心に平安が宿ると思います。

これが「覚醒・見性を経験する」のではなく、

「差取りを語る」のでもはなく、

「差取りを実践する、差取りを生きる」ことなのだと思います。

人生そのものが差取りになるのだと思います。

それは特別な人、死ぬような経験をした人だけが

出来るものではありません。

誰でも、今すぐに出来ることです!

~~~~~~~~~~~~

いま、苦しんでいる人は、スピリチュアルなことで解決を図ろうとせず、

またスピリチュアルな意味付けをしようとせず、

ただ、今日(いま)と日常(ここ)に向き合ってください。

スピリチュアルに逃避するのではなく、

その情況(いまここ)に向き合い、それを生ききることが、

心に平安が宿る、最も最短で、最も確実で、最も効果のある方法です。

~~~~~~~~~~~~

心の苦しみとは、その出来事に対する抵抗です。

または逃避とは恐れから来ています。

苦しみに抵抗するから、余計に苦しみます。

どんどん逃げるから、どんどん怖さが増します。

受け入れてみたら、そこに浸かってみたら、案外平気なんですよ。

台風の目の中は晴天でしょ。

周りは暴風雨でも。

ど真ん中にいたら晴れているんです。

外側にいるから、怖いし苦しいと思うんですよ。

ど真ん中にいたら静かなんですよ。

勇気を出して、ど真ん中に飛び込んでみませんか。

やり尽くし、感じ尽くしてみませんか。

きっと、そこには抜けるような青空が、

限りない心の平安がありますよ!

大丈夫、あなたなら出来ます。

あなただから出来るから、それが起こっているんです。

あなた(神)を信頼してください♪ 

 

台風の目の中に飛び込もう!
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事