瞑想に何かを求めるくらいならしないほうがいい!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20150502010028j:plain

いつも応援ありがとうございます!

多くの方の目に止まるよう、お手数ではございますが、

今日も応援クリックのほど、よろしくお願いいたいします。

お初の方も記念に押して頂けると大変嬉しいです。

ヽ(´▽`)/

頑張らなくても大丈夫 - MAKI

こちらは脱スピ記事のまとめです。

脱スピ記事まとめ

某マントラ瞑想の問題点まとめ

~~~~~~~~~~~~

ゴールデンウィークですね!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕はカレンダー通りのお休みですので今日から5連休です。

ここ最近、仕事が忙しく、その疲労がたまっているのか、

今朝起きても2時間ほど頭がぼーっとしていました(´Д`;)

ブラックコーヒーを2杯立て続けに飲んでもダメでした。

いまは大丈夫ですけどね。

こうしてブログを書けるほど回復しました♪

You Tubeでダウンタウンの浜ちゃんとTMレボリーションのトークを見たら、

爆笑して目が覚めました(笑)

~~~~~~~~~~~~

さてと今日の本題です♪

スピリチュアルの世界では、瞑想の大切さがよく説かれます。

差取るためには、瞑想は欠かせない!

という人もいますし、

自分を変えるため、現実を変えるために瞑想をしよう!

という人もいます。

僕は、何度もそれとは反対のことを言ってます。

瞑想や座禅自体を否定はしません。

やりたければやっていいと思います。

ただ、瞑想や座禅に差取りを求める、自分を変えるためにやる、

現実を変えるためにやるという動機は、

それをするにあたって「不純物」でしかありません。

なぜなら、その動機は、あるがままの自分、あるがままのいま、

あるがままのここを否定しているからです。

あるがままを否定する動機で瞑想をするくらいなら、

しないほうがはるかにいいです。

むしろやるな!!と言いたいです。

そのような動機で、瞑想をすればするほど、

あるがままの自分、あるがままの状態、あるがままのいまを

否定することになります。

あるがままの自分、あるがままの状態、

あるがままのいまと「差」が広がります。

~~~~~~~~~~~~

でもね、瞑想で、座禅でビジネスをしようと思ったら、

こんなこと言ったら商売にならないんですよ。

だから「期待させる」ようなことを言うんです。

瞑想をして差取る!

瞑想をして幸せ体質になる! 幸せを引き寄せる!

瞑想をして自分を変える!

瞑想の本質とはまったく逆のことを言わなければならないんです。

差取りとも逆のことをやらせるんですよ。

はっきり言いまして、非常に罪深いことをしていると思います。

~~~~~~~~~~~~

曹洞宗の宗祖・道元禅師は、「只管打坐」を説いたじゃないですか。

「無所得・無所悟」を説いたじゃないですか。

 

●只管打坐
悟りを求めたり想念を働かすことなく、ただひたすら座禅すること。

 

●無所得・無所悟
得ることを求めず、悟ることも求めない。

 

クリシュナムルティ、ラメッシ・バルセカールなども、

瞑想に何かを求める危険性を説いてますよ。

僕が知らないだけで、他にもそういったことを言っている人はいるでしょう。

 参考記事:ラメッシ・バルセカールが語る瞑想の真髄

多くの先人が、瞑想に何かを求める危険を説いています。

繰り返しますが、瞑想に何かを求めるから、

「あるがまま」を否定することになるのです。

余計に苦しみが増すだけです。

~~~~~~~~~~~~

道元禅師は言ってますよ。

何も求めず、ただ座る。

その姿が「差取り(悟り)」だと。

もうとっくの昔に、シンプルに本質を突いた答えを

残してくれているじゃないですか!

それがスピリチュアルでビジネスをしている人たちに、

大きく歪められている現状は本当に残念でなりません。

彼らの言葉よりも、偉大な足跡を残した先人の言葉に、

耳を傾けてみませんか。

何も求めず、ただ座る。

そのときあなたは、あるがままの自分、あるがままの状態、

あるがままのいまを受け入れたことになるのです。

そのただ座る姿が「差取り」なのです。

瞑想をしなくてもいいです。

あるがままを受け入れたとき、

今日(いま)に、日常(ここ)に意識があるとき、

その姿、その状態が「差取り」なのです。

 

瞑想をするなら、何も求めず、ただ座りましょう♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事