オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

もし人にネガティブな感情がなかったら


f:id:c-sakuranbou:20150816220751j:plain

もし人に、悲しみ、憎しみ、怒り、嫉妬、恨み、不安、恐怖といった

ネガティブな感情が無かったら、どうなるでしょう?

喜び、感謝、愛、安心、許し・・・といった

ポジティブな感情を「ポジティブ」と認識できるでしょうか?

ポジティブを感じることができるでしょうか?

ネガティブがあるから、

異なる感情がポジティブだと人は認識できるし、

感じることができるのではないでしょうか。

逆もまた然りです。

ポジティブとネガティブ、どちらも欠かせない、

2つで1つのなのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネガティブは、取り込まれずにうまく付き合っていけば、

人を成長させるとても大切な感情になります。

では、ネガティブとうまく付き合うにはどうしたらいいのでしょう?

ネガティブな感情は、嫌えば嫌うほど、

抵抗すればするほど、受け入れてもらいたくて、

より大きくなる、固くなるといった性質を持っています。

わがままな子供のように自己主張をどんどん強めていきます。

そしていつしか心の中がネガティブでいっぱいになり、

苦しくなってしまいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネガティブな感情が芽生えたら、それを無視しないこと。

目をそらさずに向き合うこと。

受け入れること。

ネガティブな自分を許すこと。

そうやって、ネガティブとうまく付き合う、仲良くしていけば、

愛、喜び、感謝・・・といったポジティブな感情が

より深まっていくと僕は思います。

より深い愛を、喜びを知ることができ、人は優しくなれます。

人が優しくなるのに欠かせないのがネガティブな感情です。

ネガティブだって、自分の心の一部、

あなたの心の一部です。

ねっ! ネガティブな感情と仲良くしていきましょう♪

 

スピリチュアルを卒業しましょう♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事
脱スピ記事