オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

スピリチュアルで生計を立てている人って、非常識な人が多いと思いません?


f:id:c-sakuranbou:20180914100817p:plain

スピリチュアルで生計を立てている人って、

社会常識に欠けた人が多いと思いません?

なぜでしょうね。

 

それは社会人としての経験や教養が乏しい人たちが、

簡単に収入を得る手段として、

また社会から逃避する手段として、

スピリチュアルビジネスに手を染めているからだと思います。

 

スピリチュアルの世界では、

あまりに簡単に資格を取得することができます。

短期間でヒーラーだの、何とか講師だのと名乗れてしまいます。

 

そんな人たちが精神的な指導者を気取る。

医療従事者の真似事をする。

科学的と言いながら、何一つ裏づけがないことを平然と言う。

薬事法に抵触することをホームページに掲載する。

素人が心の問題に携わり、医療の専門家の真似事をする。

これは社会通念上明らかに問題があると思います。

 

かなり危険なことですよね。

常識ある社会人なら、まずこんなことはしません。

 

そして彼らは、もし何かトラブルが起きたら、

カルマだの、霊障だの、すべて必要なことが起こっただの、

都合よくスピ理論を当てはめ、責任を回避しようとします。

 

または責任も問題も自分にはなく、お客さんにあると言います。

子どもの言い訳よりも程度が低くく、タチが悪いと思います。

 

彼らにも生活があるのはわかります。

高いお金を払ってなんちゃって資格を取得したわけですから、

その分を回収もしたいでしょう。

 

ただそれが、人を傷つけて生活をしていいという

理由にはならないですよね。

安易な考えでスピリチュアルビジネスに手を染めたことを

深く反省するべきではないでしょうか。

 

なぜ、スピ商人、職業覚者が、

実社会とはかけ離れた「真理」を語るのか。

それを恥ずかしげもなく言えるのか。

 

それは彼らが実社会を生きていないからです。

スピの世界だけで完結したお山の大将を気取っているからです。

実社会を生きず、

真理を日常生活の中に落とし込んでいないから、

日常とあまりに乖離した言葉になっているのです。

 

真理が「机上の空論」で終わっています。

日常で実践し、しっかりと咀嚼し血肉としていたら、

もっと違った表現を使い、

「生きた言葉」「血が通った言葉」として

私たちの耳に届くのではないでしょうか。

それが届かない。

 

ただの「理論」「机上の空論」で終わっている証拠です。

聞き手がその机上の空論に対して疑問を投げかけると、

彼らはこれはまだ一部の人にしか理解できないだの、

それはまだあなたが至ってないからだのと人のせいにします。

 

自分の表現力の未熟さを棚に上げて何を言ってるんだか。

理解してないのは自分でしょう。

落とし込めてないのはあなたでしょう。

 

そうした真理を唱える人、またはそれを支持する人は、

自分たちが従来の枠に囚われない進歩的な考え方をしていると、

思っているところがあります。

 

思想信条の自由は誰にでもありますから、

どう思おうがそれは勝手なのですが、

ただそれは社会に迷惑をかけないという前提があってです。

 

自分たちの考えや特定の人物を信奉するあまり、

社会との軋轢を生むような人、

またはそのような集団は「カルト」でしかありません。

 

信じるのは自由なので、どうか人里離れた山奥か、

無人島にでも行き、

我々のような古い価値観の人間との関わりを絶ち、

自給自足の生活を行い、

自分たちだけの社会を形成して欲しいと思います。

 

まっ、ヒッピーやニューエイジのコミューンなどは、

それで失敗していますが。

 

 

僕らはこの社会を生きているのですから、

明らかに社会のルールからはみ出て、

迷惑をかけている行為に対しては、

「おかしい!」と指摘するべきです。

 

これが子どもがやっているのなら、

まだ子どもだし、未成年だと言って笑えるでしょう。

ところが・・・スピの世界は、

いい大人が社会人として恥ずかしいことを平然とやっています。

そして責任もとらず、害悪をいまだ巻き散らかしています。

 

ほんとひどいですよ。

到底看過できる問題ではありません。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

インナーチャイルド(アダルトチルドレン)は癒せません!

スピリチュアルあるある76選!スピ系にはこんな人がほんと多い!

スピリチュアルや自己啓発セミナーにハマっている人の特徴!

低脳ほどスピリチュアルにはまります!自分がバカであることを認め、現実的な手段で成長していきましょう!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら