オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

実践の道


f:id:c-sakuranbou:20151120081723j:plain

ホリエモンが経営学者になぜ自分で会社を経営しないのか?

と突っ込んでいます。

netgeek.biz

これと同じようなことが、

覚者と呼ばれる皆さんにも当てはまるかと思います。

覚者の皆さんも、悟りの体験をして、

その経験をもとにいろいろと立派なこと、

難しいことを言ってますが、

なぜそれを実践しないのでしょう?

それとも僕が見えてないだけで実践されているのかな?

ブログの更新や講演が忙しく、

日常の中で実践するまでは手が回らないのかな?

ただビジネスだけは実践されているようですが。

 

覚者(学者)の言うことは参考になることもあります。

研究すること、語ることもある程度は必要だとは思います。

でもね、実践してなんぼだと僕は思うんですよね。

経験者してなんぼ、使えてなんぼでしょ。

 

悟り系スピの世界には、悟りの教えのコレクターが多いですよね。

また悟りの研究家も多い。

そしてコレクションの多さを自慢したり、

ブログや講演会で研究結果を発表したりしているようです。

実践者ではなく、講演者なんですね。

 

どんなに素晴らしい道具を数多く持っていても、

使わなければ意味がない。

使えなければ意味がないと僕は思います。

同様に、その道具のことを研究し詳しくなっても、

使えなければ意味がないですよ。

 

持ってる道具が少なくても、

実践して道具を使いこなせる方が断然いいです。

臨機応変にその道具を使いこなせる方がいいです。

また詳しくなくても、実践していく中で、

知識として理解するのではなく、

心で理解し、人生に反映させていく方がいいです。

 

実践できなかったら、いざってときに素の自分が出てしまいます。

いままでの積み重ねが出てしまいます。

 

悟りコレクターや悟り研究家になるよりも実践者です。

講演者なるより実践者です。

わかったようなことを書きましたが、

僕にしてもまだまだ道なかばです。

皆さん、実践の道を歩んでいきましょうね!

 

スピリチュアルを卒業しましょう♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事
脱スピ記事