オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

自称祈祷師を逮捕!


f:id:c-sakuranbou:20151126223934j:plain

最悪とも言っていいスピリチュアル関連の事件が起きてしまいました。

www.sankei.com

1型糖尿病を患う宇都宮市の小学2年男児(7)へのインスリン投与を中断し、死亡させたとして、栃木県警は26日、殺人の疑いで、同県下野市小金井、自称祈祷師の会社役員、近藤弘治容疑者(60)を逮捕した。

 県警によると、死亡したのは宇都宮市東原町、今井駿君。

 逮捕容疑は、今年4月上旬ごろ、両親に駿君へのインスリン投与を止めさせて治療を放置。同27日に県内の病院で衰弱死させた疑い。

スピリチュアルでビジネスをしている方って、

こういう事件が起きてもブログでは触れないんですよね。

だんまりを決め込む人がほとんどです。

www.yomidr.yomiuri.co.jp

重い糖尿病を患った男児に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県警は26日、同県下野市小金井、会社役員近藤弘治容疑者(60)を殺人容疑で逮捕した。男児の両親からも保護責任者遺棄致死容疑で事情を聞いている。

死亡したのは、宇都宮市東原町、小学2年の今井駿君(当時7歳)。県警の調べによると、近藤容疑者は両親と共謀し、駿君が1型糖尿病を発症してインスリンを投与しなければ死亡する恐れが大きいことを知りながら、今年4月上旬頃からインスリン注射を中断させ、同月27日、「糖尿病性ケトアシドーシス」による衰弱で死亡させた疑い。

家族らによると、駿君は昨年11月、1型糖尿病と診断された。近藤容疑者は母親から相談を受けると、「インスリンは良くない」などと言って注射をやめるよう指示。「治療」と称して駿君の足や腹を触るなどの行為を繰り返し、200万円以上を受け取った。「治療」を受けている間、駿君は症状が悪化して少なくとも2度入院したという。4月26日夜頃に意識がなくなり、翌日、家族が病院へ連れて行ったが、死亡が確認されたという。

 

こちらはNHKニュース。

長くなるので引用はしませんが、ぜひご覧ください。

www.nhk.or.jp

 

この子のご両親には、おかしいことに早く気が付いて欲しかったと強く思います。

藁にもすがる思いで冷静な判断ができなかったのかもしれませんが・・・。

亡くなった子のことを思うと心が痛みます。


ヒーラーを名乗る方、高次のエネルギーや霊能力で

病気の治癒をうたっている方、

命に関わる深刻な病気の方がお客さんとして来たとき、どうします?

 

いつものように医療行為の真似事をしますか?

専門家の真似事をしますか?

それで回復が遅れることがあるかもしれませんよ。

状態が悪化することがあるかもしれませんよ。

あなたの元に通うことで、回復が遅れる、

命が危なくなるかもしれませんよ、それでいいんですか?


もし、悪化したら「好転反応」とでもいいますか?

どのような理由から、それを好転反応だと言い切れるのでしょう?

その根拠は、判断材料はなに?

誰もが納得がいく科学的なデータはありますか?

 

あなたたちはこの自称祈祷師と同じです。

何ら変わりがありません。

自称ヒーラーで自称霊能者でしかない。

資格を取ったと言っても、お金を出せばすぐに取れる資格でしょ。

国家資格じゃないですよね。

あなたが取ったスピリチュアルの資格って、

うさん臭い人がお金儲けのために作った資格でしかないんですよ。

そんなものは資格とは言えないんです。

だから自称なんです。

 

医者でもないのに、医療行為の真似事はやめましょう。

深刻な病気の方が来たら、強く病院に行くことを勧めましょう。

それがあなたに出来る唯一のことですよ。

 

そしていま、体に問題を抱えている方、

心の風邪をひいてしまった方、

ヒーラーや霊能者と言った「ど素人」のところには行かず、

医療の専門家のところに行きましょう。

 

スピリチュアルを卒業しましょう♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

関連記事
脱スピ記事