オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

完璧主義の治し方。「とりあえず」やってみることが大切です!


f:id:c-sakuranbou:20151128110446j:plain

以前の僕は臆病な性格でした。

「とりあえずやってみよう」ということが出来なく、

「完璧な準備」をして「完璧な状態」からでないと勇気が湧かない。

始められない。

 

そんな性格だったんですね。

で、見切り発車的に始めてしまって、

うまくいかなかったら、

「準備が万端じゃなかった」

「だから言っただろ、こんなんじゃうまくいかないって」

と思って、すぐに投げ出しては挫折感を味わっていました。

 

そんな性格じゃ何をやってもうまくいくわけないですよね。

だいたい「完璧な準備」「完璧な状態」というのは、

何を指して言うのか、その定義はないじゃないですか。

 

自分の中にはあったとしても、他の人から見たら、

そんなのは全然完璧じゃないと言われてしまうかもしれない。

だとしたら、人それぞれ完璧があり、その定義は様々ですよね。

それを完璧だと判断できる定義は存在しないし、

定義づけられる人も存在しません。

 

また見切り発車で始めてしまっても、

心の中ではずっと

「完璧じゃなかった」

「うまくいくはずがない」

と思い続けているので、その思い通りうまくいきません。

 

ずっと失敗を願ってるし、心の中で失敗した言い訳をしているので、

その願い通りに行動してしまっています。

願い通りに失敗したら、「あああ・・・やっぱりな」と思ってしまう。

はい、見事願いが叶いました(笑)

こんな感じで、負の循環、負のスパイラルにおちいってました。

 

何かものを始める段階で完璧主義でいても、損をするだけです。

時間が過ぎていくだけです。

とりあえずやってみる!

失敗したら、やり方を変え、またとりあえずやってみる!

その「とりあえずやってみる」ことが大切なんです。

 

そうやってスタートを切ってチャレンジし、

失敗したら改善し、またチャレンジすることで、

好循環の波が生まれます。

 

完璧主義を治すには、

とりあえずやってみるという気持ちを持つことです。

気負わず、完璧を求めず、

何事もとりあえずやってみましょうよ!

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

早く成長したければ過剰品質と完璧主義をやめよう!