オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

本当にわかった人は自分では言わない!覚者だと自称するのはカッコ悪すぎる!


f:id:c-sakuranbou:20151227190338j:plain

 高校デビューを狙っているヤンキー志望の子がいるとします。

その子が「俺はヤンキーだ!不良だ!

ヤンキーとはこうで、不良とはこうで」

と自分でヤンキーを名乗り、不良論を語り始めたら、

どう思います?

 

物凄くカッコ悪いと思いません?

ヤンキーだと決めるのは自分ではなく他人です。

服装などや、その生活態度が

高校生としてはあるまじきスタイルだったら、

「あいつはヤンキーだ!」と周りが言うんですよ。

 

根っからのヤンキーは、自分で自分をヤンキーとはまず言いません。

それがどれだけカッコ悪いことかわかっているから。

 

さてと、これをスピリチュアルの世界に当てはめてみましょうか。

スピリチュアルの世界、悟りビジネスの世界で活躍する覚者さんたちは、

この「高校デビューを狙っている子」のようなものだと僕は思っています。

 

彼らは自分で「ヤンキー(覚者)」だと名乗っちゃったんですよ。

だってね、私は悟りました!

覚醒体験をした覚者です!

なんて言ってますからね。

 

差取りの生き方を実践し、人生に反映させているわけではなく、

ただ悟りの講釈(不良論)をたれてるだけなんですね。

で、その実践経験のない不良論でビジネスをしているんです。

 

いま活躍している覚者さんの生き方、立ち振る舞いを見て、

あの人は何かが違う!

あの人は悟った人だ!

覚者だ!

と誰かが言いましたか?

言ってないですよね。

 

彼らが自称しているのを鵜呑みにし、

彼らの実践経験のない不良論を信じてしまっているだけでしょ。

あああ、自分で言っちゃった・・・

実践経験ないのに語っちゃうんだ・・・

と僕は思うんですね。

 

何だかものすごーくカッコ悪くないですか?

根っからのヤンキーが自分のことをヤンキーだと言わないように、

「本当にわかった人」は自分では言わないと思いますよ。

 

語るより実践。

セッション、セミナーを受けるより日常での実践です。

日常と向き合い、自分と向き合い、

いま出来ることを精一杯やっていけば、おのずと気づけます。

 

勉強しなくても、意識しなくても、

話す言葉に自然と真理が含まれるようになります。

僕はそういう人生を歩んでいきたいと思っています。

 

こちらの記事もご覧ください。
自称覚者が説く悟りの正体