オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

SONYが電機メーカーでなくなる日が来るかもしれない!


f:id:c-sakuranbou:20160309083421j:plain

僕のような40過ぎのおっさん世代だと、

SONYと言えば電化製品のメーカーというイメージが強い。

パソコンではVAIO、音楽端末ではWALKMANを発売し、

その革新的な製品で常に業界をリードしてきたメーカーだ。

 

それが今では・・・Appleや台湾、韓国メーカーに押しやられている。
※これはSONYだけに限ったことではありませんが。

今、SONYグループの稼ぎ頭は、保険や銀行といった金融部門らしい。

matome.naver.jp

数十年後には電化製品メーカーのSONYではなく、

金融のSONYになるかもしれない。

若い世代の子たちに、SONYってパソコンやゲーム機を作っていたんだよ!

というと驚かれる日が来るかもしれない。

ふと、そんなことを思いました。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

もう必要がない昭和・平成のビジネス習慣3選

40歳になったら捨てるべき考え方3選

 

Amazonの内容紹介より。
ソニー創業者、盛田研究の決定版!
「常に自分の頭で考え、世界と渡り合い、時代を創造してき男」
今こそ日本は、盛田の生き方を、学ぶべき時です。
本書は、スティーブ・ジョブズを魅了した「ソニー・盛田昭夫」の経営を、新事実を基に解明し、次代の指針を提示します。
清新な理念を掲げ、“時代の才能"を引き寄せ、多くのイノベーションを実現してきたソニーは、世界の企業のロールモデルとなった。
今、進むべき道を見失っている日本のビジネスマンに、この稀有な企業の歴史を掘り起こし、日本がソニーと盛田昭夫を持てた意味を、成功と失敗のメカニズムとともに伝えます。