MAKIの日記

量をこなさないと質は見えない!頭を使い、気持ちを込めて量をこなそう!

f:id:c-sakuranbou:20160311073116j:plain

何事もそうなんですけども、

「量」をこなさないと「質」は見えてこないんですよ。

量をこなすことによって、余計な力が抜け、

無駄な動きが削がれていくんです。

だから徹底的に量をこなすしかないんですね。

そうやって身につけていくんです。

 

最初のうちはぎこちないのは当たり前、

下手くそなのは当たり前です。

量をこなすことによって、スムーズに出来るようになります。

 

とは言っても、ただ漠然と量をこなす、

惰性でこなすではダメなんですよね。

それじゃあ身につきません。

自分が何をしているか意識し、

何をやろうとしているのか目的意識を持たないと身につかないし、

質が見えてきません。

頭を使うことが大切、気持ちを込めることが大切だと思います。

 

でね、そうやって量をこなし、頭を使い、気持ちを込めた「もの」って、

しっかりと頭や体に染み込んでいるから忘れないんです。

逆に言えば、簡単に身につけたもの(身についたと勘違いしたもの)ほど、

早く忘れてしまいます。

 

頭を使い、気持ちを込めて、量をこなす、

これって何事にも通じると思います。

 

今日はちょっと抽象的な表現が多くなりましたね。

何かしらの参考になれば幸いです♪

 

関連記事