第2の心臓・ふくらはぎを鍛えるトレーニング!冷え性、むくみが改善し、足首が細くなりますよ!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20160316233558j:plain

ふくらはぎが第2の心臓を呼ばれていることをご存知でしょうか?

血液が僕らの体内を循環しています。

足先に行った血液は、ふくらはぎの筋肉がポンプの役目を果たし、

上へと押し上げています。

このことをさして、ふくらはぎが第2の心臓と言われています。

 

ふくらはぎを鍛えることによって、

ポンプの機能が上昇し血流が良くなります。

血流が良くなれば、冷え性やむくみが改善します。

 

また疲れにくくなります。

その他にも肌荒れや老化の防止になるなど、

多くのメリットがあります。

 

ふくらはぎのトレーニングとして最適なのが、

スタンディングカーフレイズです。

このようにつま先立ちをするトレーニングです。

f:id:c-sakuranbou:20160316233718j:plain

つま先立ちをしたら、また足を戻しますが、

そのとき踵はつけないでください。

踵をつけずに、またつま先立ちをします。

これを繰り返すことで、ふくらはぎ(カーフ)が鍛えられます。

 

両足だとあまり効かないと言った場合には、

片足で行ってください。

このようにイスを使うと、

f:id:c-sakuranbou:20160316233747p:plain

バランスが取りやすくていいです。

イスではなく壁でもいいです。

 

慣れてきたら、台の上や階段に乗って、

f:id:c-sakuranbou:20160316233815j:plain

さらには加重してトレーニングを行ってみてください。

 

スタンディングカーフレイズは、動作の小さな種目なので、

筋肉への刺激が弱いことから、

回数は多めに行った方がいいと言われています。

20回以上×3〜5セットを行いましょう。

 

このトレーニングは頻度は高めに行ってください。

毎日やる必要はありませんが、週に3回〜5回くらいやっても、

全然問題はありません。


スタンディングカーフレイズなら、どこでも出来ますよね!

第2の心臓ふくらはぎを鍛え血流を良くして、

健康的な体を手に入れましょう!

引き締まったふくらはぎと足首を手に入れましょう!