オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

悟り系スピリチュアル男子は、とにかく自分の優位性を誇示したがる!


f:id:c-sakuranbou:20180914100817p:plain

悟り系スピリチュアルの世界に生息している

自称覚者、悟りの経験をした人、

特に男ですけども、

似たような性質を持っていると思うんですよ。

そこで今回、「悟り系スピリチュアル男子あるある」を

紹介したいと思います。

 

悟り系スピリチュアル男子あるあるその1

自分語りが大好き!

 とにかく自分ことを話のが好き、自慢話が大好きです!

で、人の話は基本的に聞きません。

 

悟りとはこうで、

僕が悟りの体験をしたときはこうで、

カフェにいたら涙が溢れ出てきて止まらなくて・・・

全ては愛だと悟って・・・

自分の一人相撲だとわかって・・・

なんてことを耳にタコが出きるぐらい話します。

 

聞いてないのに勝手に語りだすし、

何度も語ります。

もうね食傷気味になりますよ。

 

 

悟り系スピリチュアル男子あるあるその2

自分がいかに悟っているかを語るのが好き!

 3千円、4千円といった本としては高額な真理系スピ本で

仕入れた知識なんでしょうね、マハリシはこう言ってる、

オショーはこう言ってるなんてことをを言い出します。

 

また覚者の○○さんが言っていることは、

「こういう意味で」と頼みもしないのに解説を始めたり。

とにかく知識をひけらかしたがります。

 

それも「それ」「あれ「これ」と言った指示代名詞を多用してね。

 何が「それ」だよ。

本当にわかっているのなら、

具体的に言えよ!と思いますけども。

 

 

悟り系スピリチュアル男子あるあるその3

あなたはこうゆうタイプと勝手に断定する

聞いてもいないのに勝手にアドバイスしてくる

スピ女子にもこういう人が多いのですが、

あなたってこういうタイプよね、私はわかってるのよ!

と言う人が真理系スピ男子にも多いと思います。

 

で、聞いてもいないのにアドバイスしてくるんですよ。

あれ? 俺あなたに相談なんてしてないのに、

何勝手にアドバイスしてくるの?

と思ったことが幾度となくあります。

 

ようは自分の方が「上」だということを言いたいのでしょうね。

常に自分の優位性を誇示したい女性を

「マウンティング女子」と言いますが、

真理系スピ男子も同じことをやっています。

 

 

悟り系スピリチュアル男子あるあるその4

常に話題の中心にいたがり、

独演会と個人セッションを始める

悟りとはこうだ、ああだと語りだし、

頼みもしないのにアドバイスを始めるなど、

独演会と勝手に個人セッションを始める男に

遭遇したことがあります。

それも一人ではありません。

あるあるその1〜3、全て身につけているような人です。

 

いや、もっといろんな人と会話を楽しもうよ!

と僕は思うタイプなんだけど、

その人は自分だけ話をして、

人の話を聞こうとしないんですよ。


他の人が話をしても、

結局は自分に話をもっていくんですよね。

会話のキャッチボールがほぼ出来ない。

周りがあきれているのにも気がつかず

悦にいっている姿は滑稽ですらありました。

 

 いやースピリチュアルって、

ほんとロクでもない男が多いですね! 

皆さん、真理系スピリチュアル男子になんて、

関わらない方がいいですよ♪

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

悟りなんて定義出来ないものを売り物にするスピリチュアルの世界の悟り商人。

「あるがまま」の意味を勘違いしているスピリチュアルの住人たち

親の教育、生まれ育った環境のせいにしたところで人生は変わらない。

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら