ブラジルの思い出その2〜ブラジルは異世界だった・・・


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20160515115447j:plain

仕事はサンパウロで。

会社の上司と一緒に行ったんですけどね、

空港から何とか宿のホテルに着き、そこで仮眠。

宿は日本人街があるリベルダージ地区にありました。

 

起きたら朝からさっそく仕事です。

サンパウロのビジネス街に行ったのですが、

もうね、高層ビルがそびえ立つ大都会でした。

新宿の高層ビル街にも引けを取らない大都会です。

 

途上国というイメージがあったのですが、

街行く人の中にはビシッとスーツを着た人もいて、

なんだ日本と変わらないじゃないか、

治安を心配したけど、

そんなタチの悪いのいなそうだなと思いました。

が、それはあくまでもエリート層が集まる

ビジネス街だけの話でした・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仕事で現地の日本人男性と話をする機会がありました。

ブラジルで結婚し子どもがいます。

男性の年齢は僕よりもはるかに上です。

 

その方に会って最初に言われたのが、

治安が悪いので気をつけろ!

キョロキョロするな、

観光客だと思われるとすぐに襲われる!

ということでした。


そのお方、その当時でブラジル在住歴が20年以上。

中流家庭が住むエリアに住居があったのですが、

僕らと会う前の週に、

自宅の車庫に車を入れようとしたところ、

強盗に襲われたとのことでした。


いきなり男が2人車に入ってきて銃を突きつけ、

後ろに座っていた高校生の子どもを人質に取ったそうです。

現金からカードから全部取られたとか。

ブラジルではよくあるとのこと。

なので淡々と話されたんですね。

そこにリアリティーを感じ、寒気を覚えましたよw


また、観光することもあるだろうけど、

貧民街があるエリアには、

興味本位では絶対に行くなときつく念を押されました。

あっさりと殺されかねないとのことです。

 

「殺される」なんて言葉、日本人は普段言わないじゃないですか。

でもサンパウロでは、

それが日常的な言葉として使われているんですよね。

 

そのことに気がつき、

カルチャーショックを受けたと言いますか、

平和な日本から来た僕にとっては、

異世界に来た気分になりました。


いま、ブラジルの治安はどうなんでしょうねー?

20年前よりはよくなったのかな。

オリンピックがありますからね。

治安維持には力を入れているでしょうね。

 

つづく・・・かもしれないし、続かないかもしれない。

 

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事