MAKIの日記

腕立て伏せのやり方。回数を多くするよりも、少ない回数でセット数を多くしよう!

f:id:c-sakuranbou:20160529225353j:plain

プッシュアップ(腕立て伏せ)行うときは、

回数を多くするよりも、

少ない回数でもいいので正確なフォームで

きちんとやった方がいいです。


回数をこなすことを意識するあまり、

体をあまり下ろさずやってしまう方がいますが、

それだと大胸筋に効きません。

「やったつもり」になるだけです。


筋トレはフォームが大事ですから、

いい加減なフォームで行うと目的の部位に

効かせることができません。

きちんとしたフォームでプッシュアップを行うと、

腹筋も鍛えられます。

いい体幹トレーニングになりますよ。


回数は少なくてもいいのですが、

セット数は多めにした方がいいと思います。

筋トレ初心者の男性なら20回×5セットとか。

 

そして少しずつ回数とセット数を増やしていきましょう。

僕は6キロハンドダンベルを腰に巻いて、

30回×10セットほどやってました。

最初は30分以上かかりましたけど、

慣れてくると30分かかりません。


いまは時間短縮のため、

ジャイアントセットで行っています。

※ジャイアントセットとは?
同一部位を4つ以上のエクササイズで鍛える方法。
インターバルは無し。

メニューとしては、

1 プッシュアップ 20回
2 デクラインプッシュアップ(頭が下、足が上) 20回
3 インクラインプッシュアップ(頭が上、足が下) 20回
4 ディップス 10回
※プッシュアップバーを使用。

4までを行ったら、また1に戻ります。

これを4セットやってます。

3セットだと少ないし、

5セットだとオーバーワーク気味になるので、

4セットが僕には丁度いいです。


加重はしてないですね。

しなくても十分に効くので。

物足りなくなってきたら加重しようかと思います。

時間のない方にジャイアントセット法はオススメです!

 

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事