オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

君がなんとなく生きた今日は、昨日死んでいった人達が、どうしても生きたかった大切な明日だ。


f:id:c-sakuranbou:20160602083517j:plain

「君がなんとなく生きた今日は、

昨日死んでいった人達が、

どうしても生きたかった大切な明日だ」

これはアメリカ原住民の言葉です。

見城徹のこの本に書いてありました。

 

今日生きることを切に願った昨日死んでいった多くの者たち。

彼らに恥じないために、今日を精一杯生きる。

それが見城徹の生き方。

 

とことん人と向き合い、仕事と向き合い、

何より自分と向き合っている人、

それが見城徹なのだと思う。

仕事に対する姿勢はあまりにストイック。


角川書店の編集者時代、見城徹は

石原慎太郎に執筆を依頼しようと思い、

石原慎太郎の前で

「太陽の季節」と「処刑の部屋」の全文を

暗唱しようとしたそうです。

 

そこまで惚れこみ、誠意を見せてこその依頼。

石原慎太郎は、暗唱する見城を止め、

「わかった、もういい。お前と仕事するよ」

と言ったそうです。

 

また五木寛之と仕事がしたいと思ったときには、

五木寛之の新刊が出るとすぐに読み、

5日以内に感想を手紙で送ったとか。

その数25通。


編集者、経営者というよりも、

この人は求道者なのだと思います。

仕事を通して、自分に負荷を与え続け、

自分の限界を突破し、

自分を磨き続けているのでしょう。

 

現実を生きている人の言葉は胸に刺さりますね。

どんなに高邁な理想を説こうが、

現実に役立たない言葉は無意味です。

 

現実を生きてない人の言葉は軽い、響きません。

自分の言葉に酔っているだけです。

 

しっかり現実を生きようと改めて思いました。

今日(いま)を生きようと思いました。

だって、今日という日は、

昨日死んでいった人たちが、

どうしても生きたかった大切な明日なのだから。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

「人生なるようにしかならない」なんて言葉は簡単に使うもんじゃない!

結局人生ってやったもん勝ち、行動したもん勝ち!

40代からの人生逆転!筋トレをして体を変え、心を変え、人生を変えよう!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

 

人生を変えたい、自分を変えたい、
そう思ったら読む本。

Amazonの内容紹介より。
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味…etc人生の99%の悩みは筋トレとプロテインで解決します。科学的にみて本当です。
Twitterフォロワー45万人のマッチョ社長Testosteroneと現役のスポーツ科学研究者がタッグを組み、筋トレ=最強のソリューションを最新の科学的エビデンスで実証します!

 

Amazonの内容紹介より。
成功するには「IQ」より「グリット」 やり抜く力の大切さを伝えて28万部。
大きな成果を出した人の多くは、必ずしも才能に恵まれていたわけではない。
成功するために大切なのは、優れた資質よりも「情熱」と「粘り強さ」――すなわち「グリット(GRIT)」=「やり抜く力」なのだ。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場