オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

僕がうちで使っているトレーニング器具はこちら!


f:id:c-sakuranbou:20160604164737j:plain

上の写真ですが、

僕が自宅で筋トレを行う際に使っている道具です。

●プッシュアップバー
 腕立て伏せ
 鍛える部位 大胸筋

 ●イス
 ディップス、デクラインプッシュアップ、
 インクラインプッシュアップ、
 リバースプッシュアップ、ブリガリアンスクワット
 鍛える部位 大胸筋、上腕三頭筋、
 ハムストリングス、大臀筋

 ●チューブ
 サイドレイズ、リアレイズ、
 フロントレイズ、、アップライトロー、
 シーテッドロー、ベンドロー
 カール、トライセプスエクステンション、
 トライセップスキックバック
 鍛える部位 三角筋、広背筋、
 上腕二頭筋、上腕三頭筋

 ●アブローラー
 コロコロと転がる
 腹直筋

 ●6キロ(3キロを2つ)のハンドダンベルを巻いたベルト
 腕立てやディップスを行う際に使用。

 

自宅で鍛えたい場合、

プッシュアップバーは絶対にあったほうがいいです。

普通の腕立てよりも強度が上がります。

プッシュアップバーはアマゾンで1000円ほどで買えます。

最近、アブローラーはちょっと遠ざかっています。

別の方法で腹筋を鍛えてます。

ただアブローラーは腹筋を鍛えるトレーニングとしては、

最強の部類に入るので、また始めようと思っています。

 

初心者は膝をつかないとできないと思います。

かなりきついトレーニングです。

無理に限界まで伸びると腰を傷めるので、

そこは気をつけたほうがいいです。

はい、僕はおもいっきり痛めました。

最近はもっぱら自重トレが中心です。

自重トレの場合、フリーウェイトよりも強度が軽めなので、

トライセット、もしくはジャイアントセットで

トレーニング行い筋肉を追い込んでいます。

※トライセット
 3つのエクササイズで同一部位を鍛えること。

※ジャイアントセット
 4つ以上のエクササイズで同一部位を
 休憩無しで鍛えること。

例)大胸筋の場合
 ・プッシュアップ
 ・デクラインプッシュアップ
 ・インクラインプッシュアップ
 ・ディップス

これだけで短時間で筋肉がパンパンになります。

 

昔はジムで1時間くらいトレーニングしていたんですけどね。

通う時間とジムでのトレーニング時間が

もったいないと思うようになりまして。

 

手軽に、そして短時間に、

日常生活の中でいかに筋肉を追い込むか!

をテーマにいまはトレーニングしています♪

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

筋トレを軽視し、マッチョを嫌う日本人は世界から取り残される!

ブルガリアンスクワットは早く痩せたい、スタイルを良くしたい女性におすすめ!

貯金だけでなく体を鍛えて「貯筋」をしよう!

 

筋トレで人生を変えたい方には、
こちらの本がオススメ!

Amazonの内容紹介より。
もう器具はいらない!
自分の体レベルに合わせた「自重筋トレ」を推奨。
運動不足の人でも無理なく始めて続けられる基本の4メニューをはじめ、体の部位ごとの様々なトレーニングを紹介します。
また、筋トレスタート時の自分のレベルに合わせて、まずはカラダの土台を整えるための食事プログラムを3ステップで解説。
現状のカラダの調子のチェックから、タイプ別メニュー提案、さらには目指す「目標」別の筋トレ応援レシピも教えます。

 

Amazonの内容紹介より。
フィットネス界で今もっとも注目が集まる「下半身筋トレ」。
本誌がターゲットとするのは、大腿筋、臀筋といった下半身の大きな筋肉。
ここを鍛えることで、基礎代謝の高い除脂肪体質と、切れ上がった美しいヒップラインを手に入れることができます。
また、せっかく鍛えた筋肉を効率的に使いこなすための股関節まわりの柔軟性や、体幹を鍛える厳選筋トレも解説。
すべての筋トレが動画で見られるので、正しいフォームが身につきます!

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

ヨーロッパNO.1ブランド のサプリメントメーカー【Myprotein】