MAKIの日記

悲しい事件が起きないようスピリチュアルによる医療行為を取り締まって欲しい!

f:id:c-sakuranbou:20160618100634j:plain

インスリンを投与させず、祈祷により治療するとして、

糖尿病の男児を死亡させた自称祈祷師が起訴されましたね。

headlines.yahoo.co.jp

糖尿病の男児に不可欠なインスリンを投与させず死亡させたとして自称祈祷(きとう)師の男が逮捕された事件で、宇都宮地検は17日、殺人罪で近藤弘治容疑者(61)を起訴した。

 認否は明らかにしていない。

 近藤容疑者は逮捕当時「自分にはどんな病気も治せる力がある」などと主張。地検は約半年間鑑定留置し、責任能力を調べていた。

 

Yahooに載っていたこの記事に関するコメントを集めてみました。

藁をも掴みたい母親の気持ちも分からなくもないけど、もっと冷静に考え、もっと冷静に相談相手を選べなかったのだろうか?


落ち着いて考えれば絶対にありえないと思うんだけど、それだけ親も錯乱状態だったのかな…。子どもがとにかくかわいそう。


藁にもすがる思いだったのかもしれないけど、さすがにうさんくさすぎるだろ。
相談する相手を間違えなければ助けられる可能性は十分にあったんじゃないかと思うが。


「男児の両親がインスリンを投与しなくても治療できると信じていることに乗じ」まず両親がダメじゃん。


親が死なせたようなものだ。可哀想に。
おがみ屋なんて詐欺に決まってんだろ。


一生の内には、藁にもすがりたい時があります、が、一歩ひいて考えると、まわりが見えてきます


これ平安時代の話?
そりゃ今だって厄除けだの願掛けだのあるけどさ。
この現代にあまりにも非現実的すぎるでしょ。


こういうオカルトで助かったという具体的なニュースを見たことも聞いたことも無い。つまり、そういうこと。


義母がいよいよ危ない、という時、義父は知人に某宗教団体を紹介され、病室で拝んでもらったりしてました。
口は出さなかったけど病気の時だけすがったらいくら嘘の神様でも良くないだろうに・・・と思ってました。
もちろん義母は亡くなり、義父は信者にもなりませんでした。なんだかなあ。


ご両親のお気持ち 痛い程よくわかります。 何とか助けたい 治してやりたいと悩み、弱りきった気持ちに付け込み金を搾取する詐欺祈祷師や気功師 全国にたくさんおります。どんどん取り上げて追い詰めてほしい 騙された自分が悪いと泣き寝入りしている方々のためにも

 

わが子への親の想いが、悪い方に作用してしまった。
一概に親御さんを責める気持ちにはなれないな。
悪徳祈祷師、ほんとに腹立たしい。
このテのことで大金を稼ぐような輩にロクなのはいない。

 

祈祷師なんて悪徳営業のお手本でしょ。
信頼させて、不安にさせて、信じさせてカネを巻き上げる。
この場合は文句なしの「殺人罪」だろが!
いいわけなんか聞いてないで、さっさと処分しろ。
裁判の時間の無駄。税金の無駄。日本は何でも遅すぎるんだよ。

 

追い詰められ、藁にもすがるような思いの人って、

驚くほど冷静な判断ができなくなっているんですよ。


幼い命が奪われたことが本当に残念でなりません。

子どもが一番可哀想です。

衰弱していく中で、何を思っていたのか・・・。

 

スピリチュアルによる医療行為をしている、

霊能者、ヒーラー、セラピスト、カウンセラーを

取り締まって欲しいですね。

法を整備して欲しいです。

じゃないとこうした悲しい事件、またおきますよ。

 

死亡までにはいたらなくても、悪化させた事例ありそうです。

表に出ないだけで。

あああー自分がバカだったと被害者は泣き寝入り。

情けなくて人には言えず。

加害者は何の反省もせず、同じことを繰り返す。

そうしたこと、けっこうあるんじゃないかな。

 

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事