武道を学んでも人間性が磨かれるわけではない!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20160622232557j:plain

武道の世界の指導者って、

人格的に素晴らしい方もいれば、

???な方もそこそこの割合でいます。


競技者としては優秀な成績を残しているのですが、

指導者としては疑問を持たざるをえない方が、

残念ながらいるんですね。


武道の世界の指導者というと、

ストイックに自分を追い込んでいる人、

なんてイメージを持つ人もいるかと思いますが、

そういう求道的な人は少数です。

強烈な我の持ち主、ワンマンな人がいます。

~~~~~~~~~~~~

武道の世界の我の強い指導者に共通するのは、

その世界しかしらないということ。

選手として優秀だったがゆえに、

たいした社会人経験もなく、

指導的立場になり、

「先生!」「師範!」などと

呼ばれるようになるから、

天狗になってしまうのではないかと思います。

~~~~~~~~~~~~

例えば柔道なんて、以下のホームページに記載されていますが、

1983年〜2011年の29年の間に118人の中学・高校生が亡くなっています。

judojiko.net

この数字は異常だと思います。

前途ある若者が部活動ごときで亡くなってしまうなんて、

異常じゃないですか。

 

これっておかしな指導者が多い表れではないでしょうか。

後遺症が残るような怪我となる事故も合わせると、

もっと大きな数字になるのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~

武道を学んでも人間性が磨かれるわけではないんですよね。

狭い世界に閉じこまらず、

社会人としてしっかり働き、

社会との関わりを持って生きることが一番の修行です。

それが人格形成につながると思います。

 

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事