MAKIの日記

糖質を制限して健康的な体になろう!一生太らない食べ方をしよう!

f:id:c-sakuranbou:20160705083442j:plain

こちらの本、kindle版が100円だったので購入しました。

電車の中でIPhone使って読み終えました。

僕自身、誤解していたのですが、

糖質でもGI(グルセミックインデックス)が低いものは、

インスリンの分泌が緩やかなので、

食べてもOKだと思っていたんですね。

そばとかパスタとかね。


だから、うんどんよりも、

そばやパスタを食べた方がいいと思っていましたが、

江部医師が言うにはそれらにも糖質が豊富に

含まれているのでNGということ。

控えなきゃねーと思いましたよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

我々はダイエットするときに、

カロリーを抑えることを意識しがちです。

それはもはや「信仰」にまでなっていると江部医師は指摘。

 

しかしその「カロリー信仰」は誤りであるということを言っています。

カロリーよりも糖質を制限した方が痩せることが実証されており、

そのことがこの本に詳しく書かれてあります。


また健康食としてのイメージが強い和食ですが、

そうではないとのこと。

カロリーは低くても、主食であるご飯や、

調味料に豊富に糖質が含まれているので、

注意しないと糖質過多になってしまうそうです。


この本、専門的な記述も多く難解なところもありますが、

そこをすっ飛ばして読むだけでも、

糖質(炭水化物)の危険性がわかり勉強になります。

現代人は、すっかり糖質(炭水化物)ジャンキーに

なっていることがわかりますよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

糖質(炭水化物)がダメなら何を食べたらいいんだ!

と思う方もいるかと思います。

糖質の摂取をゼロにするのは相当大変です。

だいたいどの食材にも多少なりとも含まれていますからね。

 

だからゼロにするのではなく摂ってもいいんだけど、

その量を制限をするんです。

食べるものを選ぶわけです。


糖質を極力抑え、メインをたんぱく質の食材とし、

それと脂肪を食べればいいんです。

脂肪というと太るというイメージが強いですが、

それは誤った考え方で、体を作るにも、

ダイエットするにも必要な栄養素です。


糖質は主食となる、ご飯、うどん、そば、ラーメン、

パスタに豊富に含まれます。

これらのものって、美味しいんですけど、

食べた後ってだるくなりますよね。

眠くなったりしますよね。

僕はそれが凄く嫌なんですよね。


糖質は控えていましたが、それでも1日1杯程度は、

ご飯を食べていたんですよ。

でもね、それやめました。

代わりに鶏肉、鯖缶などよく食べています。

ここ3週間ほど、鯖缶は毎日食べてますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

太っている方は、まずは主食を食べることを

やめてみてはどうでしょう。

主食を食べるのは当たり前というのは、

思い込みです。


主食を食べない。

それだけで、太っている人には大きな効果があると思いますよ。


最初は糖質に慣れ親しんだ脳や体が、

糖質を欲してしんどいかもしれません。

それを禁断症状と思ってください。

 

覚醒剤漬けの人間が、覚醒剤の効果が切れて、

シャブくれよー!

となっている状態です。 

そこを抜けると、楽になります♪

糖質制限で糖質中毒から抜け出しましょう!

 

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事