MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過程を無視する左翼!レッテルを貼り続ける左翼!

f:id:c-sakuranbou:20160709095443j:plain

憲法 9条を変えたら戦争になる。

子ども達を戦場に送ることになる。

左寄りの方がよくこういうことを言います。

なぜ9条を変えると戦争になるのでしょう?

僕はそれが甚だ疑問なんですよ。

今回はそのことについて書いてみたいと思います。

 

戦争は最終手段

戦争というのは、最終手段であって、

そこに行き着くまでは、様々な過程があります。

話し合った末にどうにもこうにもいかない、

となったときに戦争になります。


我々の身近で起こる喧嘩にしても、そうじゃないですか。

いきなり殴り合いがスタートするなんてことは、

まずありえません。

話をして、激昂した者同士が喧嘩をします。

一方的に襲ってきたらただの暴漢です。
※暴漢みたいな国がお隣にありますが。

 

これが国対国ならなおさらで、

様々な話し合いの場があって、

対応があって、それでもダメだ!

となったときの最後の手段が戦争です。

 

過程を無視する左寄りの人たち

でもね、左寄りの方は、そうした過程を一気にすっ飛ばして、

憲法9条改正 → 戦争になる、戦争ができる国になる

と思ってしまうんですね。

思考があまりに短絡的です。

 

そして「平和憲法」を変えることは悪だという

レッテルを貼るんです。

こうしたレッテル貼りは、左寄りの常套手段です。

論理性が欠如し、それどころか思考が飛躍してますよね。

あまりに幼稚だと思いません?

 

手をつないだだけで妊娠する?

例えば・・・男女が手をつないだけで妊娠しますか?

しませんよね。

いろんな過程があるじゃないですか♪

手をつなぐ → 妊娠ではあまりに過程をすっ飛ばしすぎですよね。

 

その過程を無視して妊娠って、

あまりにものを知らないと思いません?

過程を理解していないと思いません?

子どもと同じじゃないですか。

左寄りの人たちって、これと同じですよ。

 

だから僕は、左寄りの人は、政治を知らない、

外交を知らない幼稚な人たちだと言うのです。

 

 

それでは最後に、おすすめ動画をご紹介します。

こんなの国会に送り込んじゃダメだって。

 

show-k / 三宅洋平はあり得ない

youtu.be

応援よろしくお願いいたします♪

 

関連記事