MAKIの日記

悟ったと言ってる人よりも、現実を生きている人の方が人間的に素晴らしい!

f:id:c-sakuranbou:20160718091417j:plain

スピリチュアルの世界で、

悟っただ、これが真理だと言って語っている

自称覚者の人たちよりも、

人格の向上に努めよう、生活を高めよう、

社会をより良いものにしよう、

そうやって現実を生きている人の方が、

人間的に素晴らしい人が多いと思います。


自称覚者が語る悟り論、

まあ言わば現実逃避論なんてのは、

慰め程度にしかならず、ふと我に返ったとき、

何も解決しておらず、虚しくなりますよ。


まあ自称覚者に言わせたら、我に返る自分などはなく、

解決する問題もなく、それは分離からくるもので、

あなたが作り出したもの、

といった意味不明なことを言って

人を煙に巻きそうですけども。

 

こういうことを言う人ってね、

悟り病、真理病とでも言っていいと思うんですよね。

地に足についてない言葉に酔ってる感が気持ち悪いです。


で、自分が言っていることを理解できない人間は下、

という言い方をするんですよね、彼らは。

そうやってマウンティングして、

自分の方が上だと誇示するんですよ。

自己顕示欲が強い人たちですからね。


いやいやだったらあなた、

人に理解してもらえるような努力したの?

伝える努力した?

嚙み砕いて人に話せるまで、あなた理解した?

 

言葉には限界がある!

なんて言って、

その一言で思考停止してない?

相手をも思考停止させ、伝える努力を怠ってない?

人は言葉や文字でしか意思の疎通ができないんだよ。


脳内自慰をして、射精して気持ちよくなっている

自称覚者の皆さんとは会話になりません。

プライドがやたらと高くて、

基本的に人の話など聞かない人たちです。

 

また相手の言い分を理解しようとはしない人たちです。

だから議論が成り立ちません。

話すだけ無駄です。


そんな人間たちの現実逃避論、非生産的なお話を、

お金をかけて聞きに行く、本を買うなど、

僕は本当に時間とお金の無駄だと思うのです。

うまいもの食べたり、

家族に何かプレゼントした方がはるかにいいですよ。

 

 

関連記事