日本の女性って筋肉を毛嫌いしすぎ!健康的に痩せるには筋肉をつけないと!


スポンサードリンク

   

これはいい記事♪

grapee.jp

f:id:c-sakuranbou:20160802080557p:plain

 フィットネスの情報を発信しているブロガー、ケルシーさん。この写真に写っているのは、ケルシーさん本人の体重の推移を示したものです。

左から、145ポンド(約65kg)・122ポンド(約55kg)・140ポンド(約63kg)です。どの体重のときのケルシーさんの肉体が一番きれいでしょうか?

真ん中、と答える人もいるかもしれませんが、目を引くのは一番右。しなやかな筋肉がついていて、お腹には縦のライン。しっかりと自分の体を整えていることが誰の目にも明らかです。


それはなぜかというと、食事に気を使いながら筋トレをしたこと! 体脂肪を減らし筋肉を付けたことで、体のサイズだけでなく、肌もきれいになったそうです。

その後、ケルシーさんは体重へのこだわりを一切持たなくなりました。美しさの基準は体重ではない!

体重計を見ると「自分は太っている…」と思って落ち込んでしまうことも。ケルシーさんは「体重は増えたけれど、今が一番健康!!」とポジティブに語ります。

無理な食事制限をして、たとえ体重が減ったとしても、ストレスがたまり肌も荒れてしまいます。ダイエットの基本はやはり運動なんですね。

「そうはわかっていても、運動はなかなかできない…」と思っていた女性も、ケルシーさんのメッセージを見たら勇気をもらえるのではないでしょうか? 腕立て伏せやスクワット…自宅で、道具を使わずにできるトレーニングはいろいろあります。

毎日ちょっとずつでも、始めてみようかな? と思わされます。


どの体が一番きれいだと思います?

僕は一番右ですね。

健康的に見えますよね。

 

しなやかな筋肉がついているのがわかるじゃないですか。

一番痩せている真ん中の状態が、

僕には一番不健康そうに見えます。


日本人の女性って、ただ痩せればいいと思いすぎ、

筋肉を毛嫌いしすぎなんですよ。

痩せても筋肉がなかったら不健康な体なんです。


筋肉を落として痩せると、代謝が悪くなり太りやすくなります。

また代謝が悪いので熱を作り出すことができず、

女性に多く見られる冷え性が悪化します。

いいことが何一つないんです。


筋肉って重いんですよ。

でも気にする必要ないんです。

脂肪と筋肉とでは密度が違いますからね。

 

たとえるなら・・・

フワフワした綿が脂肪で、鉛が筋肉ですかね。

同じ1kgでも綿と鉛じゃ体積が全然違いますよね。

太っている人の体積が大きいのは、

密度の薄い脂肪を身にまとっているからです。


筋肉をつけて重たくなっても何も問題ないどころか、

効率的にエネルギーが消費できるし、

このケルシーさんのように健康的な体になるんですよね。

~~~~~~~~~~~~

健康的な体を手に入れたい方は、糖質制限をしながら、

まずは出来るトレーニングから始めてみてはいかがでしょう。

手軽なトレーニングとしては、スクワットがいいですよ。

それとブルガリアンスクワットも合わせてみてください。

最初は自重(自分の体重)で十分です。


毎日コツコツとトレーニングしていくんです。

始めの頃は目に見えた結果が表れないかもしれません。

 

でもね、毎日コツコツ続けることで、

習慣化されます。

心が鍛えられます。

怠惰な心が削げ落ちていきます。

心のダイエットになりますよ。

そして怠惰の象徴である脂肪も落ちていくんですよ。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事