頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能が治療法を助言!医者が失業する時代がそこまで来ている!

日記

f:id:c-sakuranbou:20160805095012j:plain

headlines.yahoo.co.jp

これは凄い!

医者が不要になる時代が

もうそこまで来ている気がします。

膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、60代の女性患者の白血病が治療などが難しい特殊なタイプだと10分で見抜き、適切な治療法の助言で回復に貢献していたことが4日、分かった。治療した東京大医科学研究所は「医療へのAI応用に大きな手応えを感じた」としている。

 同研究所が使ったのは、米国のクイズ番組で人間のチャンピオンを破った米IBMのAI「ワトソン」。同研究所はAIが患者の救命に役立ったケースは日本初ではないかとしている。

中略

女性患者は昨年、血液がんの一種である「急性骨髄性白血病」と診断され同研究所に入院。当初の半年間は2種類の抗がん剤で治療したが回復が遅く、敗血症などの恐れも出てきた。

東大は、昨年からIBMと共同で、がんに関連する約2千万件の論文をワトソンに学習させ、診療に役立てる臨床研究を行っていた。

そこで、女性患者のがんに関係する遺伝子情報をワトソンに入力したところ、急性骨髄性白血病のうち、診断や治療が難しい「二次性白血病」という特殊なタイプだとの分析結果がわずか10分で出た。

ワトソンは治療法の変更を提案し、臨床チームが別の抗がん剤を採用。その結果、女性は数カ月で回復して退院し、現在は通院治療を続けているという。

病院にはマシンのオペレーターがいれば十分。

AIが診断をして薬を処方する。

薬での治療が難しい場合はロボットが手術をする。


患者のデータはクラウド上でビッグデータとして共有され、

どの病院(マシン)もアクセスが可能。

そうしたら、途方も無いデータが

蓄積されることになり、

どの病院(マシン)も適切な治療を施すことができる。

となったら、医者は不要になるか、

多くのお医者さんが失業することになるかも。

 

一人の医者が1人前になるって大変じゃないですか。

時間もかかるし、お金もかかります。

AIを進化させ、ロボットを生産した方が

コストは安くすむでしょ。

 

そのうち、

えっ? 昔って人間が診察して手術していたの?

怖いねー!

診断ミスをしたらどうするの?

手術でミスしたらどうするの?

AIやロボットの方が正確じゃん!

なんて時代が来るかもしれません。


今は時代は劇的に変わろうとしてます。

SF映画のような世界がもうすぐ訪れようとしています。

僕らは面白い時代を生きてますね!

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事