オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

一流の体操選手が器具を使った筋トレをしないのは、体操の練習自体がハードな筋トレだから!


f:id:c-sakuranbou:20160812232325j:plain

リオオリンピック体操男子の内村航平選手、

素晴らしい結果を残しましたね。

多くの体操選手に目標とされ、そして尊敬されている

レジェンドと呼ぶにふさわしい選手だと思います。

 

ところでこの記事ですが、産経新聞の記者は

news.livedoor.com

「たとえば鉄棒に有効な筋力をつけるには、鉄棒の練習でしか、効果的な筋肉は付けられない。器具を使うと、かえってよけいな筋肉がついてしまう。ムダな筋肉なんです。床、つり輪…種目をこなすことで体操に有効な筋肉ができる」

内村選手が筋トレしないからといって、

暗に筋トレ批判をしたいんですかね?

 

あの〜体操の練習自体が筋トレじゃないですか。

それもかなりハードな筋トレですよ。

だから体操選手は筋骨隆々なんですよ。

 

競技自体が筋トレですからね、

競技のパフォーマンスを上げたかったら、

体操の練習だけに集中した方がいいに決まってますって。

その方が体操に必要な筋肉がガンガンつくでしょうからね。

 

体操の練習以外で、さらにハードな筋トレをしたら、

オーバーワークになってむしろ筋肉は縮むんじゃないかな。

競技のパフォーマンスが落ちますよ。

 

体操の内村選手が器具を使った筋トレをしないからと言って、

器具を使った筋トレがダメなわけではありません。

使えない筋肉を作るわけでもありません。 

 

体操の練習自体がハードな筋トレなので、

体操選手には必要ないだけです。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

夏にサウナスーツを着てランニングしても無意味だからやめた方がいいよ!

強烈な刺激!ウォーキングランジにハマってしまいました!

【朝活】有酸素運動はトレッドミルよりクロストレーナーがオススメ!

いつまでも若々しく健康でいたければ筋トレ!時間のない方にオススメなのが脚トレです!

 

筋トレで人生を変えたい方には、
こちらの本がオススメ!

Amazonの内容紹介より。
もう器具はいらない!
自分の体レベルに合わせた「自重筋トレ」を推奨。
運動不足の人でも無理なく始めて続けられる基本の4メニューをはじめ、体の部位ごとの様々なトレーニングを紹介します。
また、筋トレスタート時の自分のレベルに合わせて、まずはカラダの土台を整えるための食事プログラムを3ステップで解説。
現状のカラダの調子のチェックから、タイプ別メニュー提案、さらには目指す「目標」別の筋トレ応援レシピも教えます。

 

Amazonの内容紹介より。
フィットネス界で今もっとも注目が集まる「下半身筋トレ」。
本誌がターゲットとするのは、大腿筋、臀筋といった下半身の大きな筋肉。
ここを鍛えることで、基礎代謝の高い除脂肪体質と、切れ上がった美しいヒップラインを手に入れることができます。
また、せっかく鍛えた筋肉を効率的に使いこなすための股関節まわりの柔軟性や、体幹を鍛える厳選筋トレも解説。
すべての筋トレが動画で見られるので、正しいフォームが身につきます!

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場