MAKIの日記

一流の体操選手が器具を使った筋トレをしないのは、体操の練習自体がハードな筋トレだから!

f:id:c-sakuranbou:20160812232325j:plain

リオオリンピック体操男子の内村航平選手、

素晴らしい結果を残しましたね。

多くの体操選手に目標とされ、そして尊敬されている

レジェンドと呼ぶにふさわしい選手だと思います。

 

ところでこの記事ですが、産経新聞の記者は

news.livedoor.com

「たとえば鉄棒に有効な筋力をつけるには、鉄棒の練習でしか、効果的な筋肉は付けられない。器具を使うと、かえってよけいな筋肉がついてしまう。ムダな筋肉なんです。床、つり輪…種目をこなすことで体操に有効な筋肉ができる」

内村選手が筋トレしないからといって、

暗に筋トレ批判をしたいんですかね?

 

あの〜体操の練習自体が筋トレじゃないですか。

それもかなりハードな筋トレですよ。

だから体操選手は筋骨隆々なんですよ。

 

競技自体が筋トレですからね、

競技のパフォーマンスを上げたかったら、

体操の練習だけに集中した方がいいに決まってますって。

その方が体操に必要な筋肉がガンガンつくでしょうからね。

 

体操の練習以外で、さらにハードな筋トレをしたら、

オーバーワークになってむしろ筋肉は縮むんじゃないかな。

競技のパフォーマンスが落ちますよ。

 

体操の内村選手が器具を使った筋トレをしないからと言って、

器具を使った筋トレがダメなわけではありません。

使えない筋肉を作るわけでもありません。 

 

体操の練習自体がハードな筋トレなので、

体操選手には必要ないだけです。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事