MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由に退会すら出来ない宗教団体。信者は「呪い」をかけられ恐怖によって縛られている!

f:id:c-sakuranbou:20160923085513j:plain

まさにカルト。

カルトの極み。

自由に退会すら出来ない宗教団体。

dailycult.blogspot.jp

幸福の科学が今年1月、退会を希望する信者に対して、教団職員との面談の上で承諾を受けなければ退会を認めないとする規則を定めていたことがわかりました。本日発売の『週刊新潮』(9月29日号)が報じています。新ルールでは、教団が定めた退会届の用紙でなければ退会を認めないとする内容も定めらており、その用紙には、地獄に落ちる恐怖を信者に連想させる用語を用いて、退会後の批判活動等をしないよう宣誓させる内容も含まれています。ある脱会者は本紙の取材に対して、「幸福の科学は完全にカルト化した」と語っています。

 

【退会届 2016年01月29日改訂】

事前にお読みください。
・退会にあたっては「本人の申し出」と「当会の受諾」の両方が必要となります。
・そのため、退会に際しては、本書面に自書の上、所属支部の支部長との面談が必要となります。申込者本人の自書でないもの(ワープロ打ちしたものや代筆したもの)や、支部長コメントのないものでは、退会を受け付けられません。
・また、本用紙以外での退会も受け付けられませんので、ご了承ください。

※詳しくは上記サイトをご覧ください。

 

入ったら最後、もう出られない。

所属支部の支部長との面談って・・・

そんなの引き止めるに決まってるだろ。

 

退会したい信者にしても、

個人情報を知られているから不気味だろうしね。

何をされるかわからないと。

これじゃあ萎縮しちゃうよね。

恐怖政治の始まりですかー?

 

でね、退会し教団を批判したり、

他の信者の信仰を揺さぶるようなことをした人は

【正義の言葉 仏説・降魔経】

仏法流布を妨ぐる悪魔はこれを許すまじ
仏法僧への中傷は極悪非道の所業なり
もはや人間として生まれるはこれが最後と悟るべし
この世のいかなる大罪も三宝誹謗に如くはなし
和合僧破壊の罪は阿鼻叫喚堕地獄への道避け難し 

地獄に落ちちゃうそうです。

脅しちゃってますよ、この人たち。

 

週刊新潮によると、

これについて『週刊新潮』の記事では、藤倉善郎氏というジャーナリストが「もはや“呪い”と言ってもよい内容」とコメントしています。口と性格は悪いですが実に的を射たコメントをするジャーナリストです。

 もはや呪いって・・・正鵠を射た言葉だなと思います。

その通りでしょ。

ところで口も性格も悪いジャーナリストに興味あるなw

 

そういえばスピリチュアルの世界にも

同じような「呪い」がありましたね。

「批判をする人間は理解が低い、波動が低い」

という「呪い」がありますよね。

 

そうやって自分たちのおかしさを批判されないように

スピリチュアルリーダーたちはコントロールしてきたわけです。

その「呪い」を真に受けた人は、

「批判は必要ない。波動が下がる。全てはOKなんだから♪」

などとわけ知り顔で言うわけです。

どこまでもおめでたい連中です。

 

おかしいことはおかしいと言って何が悪いんですかね?

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事